Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

ライフスタイル

酷暑続くも暦の上では秋に 8月の二十四節気「立秋」と「処暑」

公開日:  /  更新日:

著者:鶴丸 和子

暦の上では秋に(写真はイメージ)【写真:写真AC】
暦の上では秋に(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 古くから日本では春夏秋冬の四季だけではなく、24の「気」(二十四節気)と72の「候」(七十二候)を、季節の移ろいの目安としてきました。8月はまだまだ暑い日が続きますが、暦の上では秋です。昔の日本人が感じてきた、古き良き季節感をご紹介しましょう。

 ◇ ◇ ◇

文字通り「秋が立つ」立秋 暑中から残暑に変わる頃

 太陽の動きに合わせて一年を24に分けたものが二十四節気です。古くはこれが、季節の移ろいを感じる目安として用いられました。1番目の「立春」から季節はめぐり、8月には13番目の「立秋」がやってきます。2022年は7日からです。

 立秋は「秋が立つ」という文字通り、初めて秋の気配を感じる頃。立秋以降は夏の名残りの「残暑」と言い、季節の挨拶でも「暦の上では秋となりましたが」や「残暑見舞い」などが使われます。

 次第に秋に向かっていく頃ですが、現代では厳しい暑さが続く夏の盛り。名残の暑さを楽しむというよりは、早く猛暑がやわらいでほしい思いの方が強いかもしれません。

ライフスタイルのランキング

  • Weekly
  • Monthly

ライフスタイルのWeeklyランキングは見つかりませんでした。

    ライフスタイルのMonthlyランキングは見つかりませんでした。

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内Weeklyランキングは見つかりませんでした。

    サイト内Monthlyランキングは見つかりませんでした。