Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

ライフスタイル

仏壇にお供えする花 適さない種類と理由は? 飾り方や本数のマナーをプロが伝授

公開日:  /  更新日:

著者:Hint-Pot編集部

教えてくれた人:のなか りえこ

仏様や先祖に対して捧げる仏花(写真はイメージ)【写真:写真AC】
仏様や先祖に対して捧げる仏花(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 お盆休みには仏壇に手を合わせたり、お墓参りに行ったりというのが一般的でしょう。仏様や仏壇にお供えする花を「仏花(ぶっか)」と言います。どんなお花が良いでしょうか? 適する花、適さない花などについてフラワー&グリーンコーディネーターののなかりえこさんが解説します。

 ◇ ◇ ◇

仏花とは NGはどんな花?

 仏花とは、仏様や先祖、故人に対して捧げるものであると同時に、供えたその人の心を穏やかにするものといえるでしょう。しかし、昔から仏花には「適さない」といわれている花があります。現代では、供えられることもあるようですが、チェックしてみましょう。

【仏花に適さない花】
・香りの強いもの
 ユリなど。香りが強いと不快に感じる人もいる、虫が寄ってくるなどが理由とされます。

・トゲがあるもの
 バラ、アザミなど。殺生をイメージすることから避けられてきました。

・毒のあるもの
 スイセン、ヒガンバナなどには毒があるといわれています。

・つるがあるもの
 アサガオ、クレマチスなど。ツルが絡み付くので避けた方が良いでしょう。

 この他、ボタンやツバキの花などは、散る時に花が丸ごと落ちるため、“首から落ちる”という意味合いから避けられることがあります。また、すぐに枯れてしまう花も避けた方が良いでしょう。

ライフスタイルのランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly