Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

からだ・美容

インフルエンザの「型」って何? 今年流行の兆しはA香港型 医師が解説

公開日:  /  更新日:

著者:Hint-Pot編集部

教えてくれた人:鈴木 香奈

インフルエンザ流行の季節がすぐそこまで(写真はイメージ)【写真:写真AC】
インフルエンザ流行の季節がすぐそこまで(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 インフルエンザが流行する冬が近づいてくると毎年、「今年流行りの型はどれなのか」「今年のワクチンの型は当たった」といった話題が上がります。しかし、インフルエンザの型にはどのようなものがあり、それぞれどんな特徴があるのか、知らない人も多いはず。そこで、耳鼻咽喉科・アレルギー科の鈴木香奈先生に、インフルエンザの型による違いや、今年流行しそうな型など、詳しいお話を伺いました。

 ◇ ◇ ◇

オーストラリアでA香港型を8割検出 日本でも流行の可能性が

「A型インフルエンザ」「B型インフルエンザ」という言葉を耳にしたことがある人は多いでしょう。インフルエンザには大きくA、B、Cの3種類がありますが、主に流行するのはA型とB型です。

 A型インフルエンザは人以外にも感染し、数年から数十年ごとに世界的な大流行がみられます。これは、別の亜型ウイルスの出現で、従来の亜型ウイルスに取って代わることで起こります。一方、B型インフルエンザが感染するのは人のみ。そしてA型ほど大きな流行が発生することはあまりないと考えられています。

 2021~2022年、欧米では主に亜型の一種であるA香港型の流行がみられました。中国でも今年に入りA香港型が増加しています。

 また、日本が夏を迎えた頃に冬である南半球で流行しているインフルエンザは、今後の北半球での流行を予測する上で役立ちます。本年度、オーストラリアで検出されたインフルエンザの型が判明したもののうち、約80%がA香港型でした。そのため、今シーズンは日本でもA香港型の流行が主体になる可能性があります。A香港型の特徴は次の通り。

【A香港型の主な症状】
・感染力が最強で重症化しやすい
・高齢者に感染すると生命の危険も心配される
・2~3日続く高熱
・咽頭痛、咳、鼻などの上気道症状
・肺炎初期のレントゲン像
・嘔吐、下痢、腹痛
・息切れ
・低酸素血症

からだ・美容のランキング

  • Weekly
  • Monthly

からだ・美容のWeeklyランキングは見つかりませんでした。

    からだ・美容のMonthlyランキングは見つかりませんでした。

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内Weeklyランキングは見つかりませんでした。

    サイト内Monthlyランキングは見つかりませんでした。