恋愛・夫婦

プレゼントした靴はどこに? 真相を明かした彼との「ずれ」に泣いた女性の結末

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , ,

写真はイメージです【写真:写真AC】
写真はイメージです【写真:写真AC】

 恋愛で別れを呼ぶジンクスは数々あります。「池や湖でボートに乗ると別れる」、「手編みのセーターを贈ると半年以内に別れる」など聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。「海外セレブとか好きな有名人がやってる“ゲン担ぎ”みたいな、自分にとってプラスになる効果をもたらしてくれることはよく真似したりしてました。でも、良くないジンクスはあまり気にしたことがなかった」と話すのは、安藤早穂子さん(仮名・30歳)。もちろん、信じるも信じないも人それぞれ。彼に送ったプレゼントに罪はありませんが、悲しい結末に、母から何気なく言われたジンクスを思い出し、ちょっぴり悔やんだといいます。

 ◇ ◇ ◇

オシャレな彼に選んだ誕生日プレゼントは?

 早穂子さんが27歳の時にお付き合いしていた彼はスニーカーコレクター。服装の趣味も早穂子さん好みだったそうで、よく買い物デートを楽しんでいたそうです。

「彼が身に着けているものは何でもオシャレに見えたし、彼に影響されて服の好みや髪型が変わりました。彼とのデートはいつも楽しかったけど、服装選びに苦労したこともありました」

 そんな早穂子さんを一番悩ませたというのが、彼への誕生日プレゼントでした。

「こだわりが強い彼だったので、自分好みで選んだ物をプレゼントして気に入ってもらえなかったらと不安でしたが、足のサイズをこっそりと調べ、靴をあげることにしました」

 早穂子さんは、どんな靴をあげればいいか悩み、母親に相談すると、こんなことを言われたそうです。

「靴なんてプレゼントして大丈夫なの? 新しい靴履いて、あんたのこと置いてどっか遠くに行っちゃうんじゃない?」