Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

ライフスタイル

放置しがちな窓サッシの汚れ 一番手軽で効果的な掃除方法は? 3種類を検証してみた

公開日:  /  更新日:

著者:Hint-Pot編集部

サッシはなかなか掃除しないため、気づけば1年分の汚れやホコリが…【写真:Hint-Pot編集部】
サッシはなかなか掃除しないため、気づけば1年分の汚れやホコリが…【写真:Hint-Pot編集部】

 気がつけば11月も終盤に突入。大掃除の予定を立てているという人も多いでしょう。1年の汚れを新年に持ち越さないために、キッチンの換気扇掃除や不用品の整理など、普段よりも徹底的に攻めたいところです。その中でも地味に面倒な場所といえば窓のサッシですが、家にあるもので汚れを落とす方法はいくつかあります。そこで今回は、3つの方法について時短効果や手軽さを検証してみました。

 ◇ ◇ ◇

掃除が大変な窓のサッシ

 今回検証に使う窓のサッシは、最後に掃除したのが昨年の年末。1年分の汚れがしっかり溜まっています。この汚れには、野外の砂や土、花粉、室内のホコリなどさまざまなものが混ざっているそう。溜めるとカビの原因にもなってしまうため、本来はこまめな掃除が必要です。

 今年はしっかり汚れを落として、来年こそマメな掃除を心がけたいもの。一番効率の良い方法を見つけるために、以下の掃除方法3つを検証します。

【検証する掃除方法】
1. 輪ゴムを使う
2. 歯ブラシを使う
3. 掃除機と雑巾を使う

輪ゴムを置いて窓を動かすだけ

○1. 輪ゴムを使う
 まずは輪ゴムを使う方法から。輪ゴムをサッシに置いて窓を開け締めするだけの手軽な方法ですが、果たして効果はどれくらいあるのでしょうか。

【掃除方法】

サッシに輪ゴムを2つ置く【写真:Hint-Pot編集部】
サッシに輪ゴムを2つ置く【写真:Hint-Pot編集部】

1. 輪ゴムを2つ、窓のサッシに置く
2. 輪ゴムを置いたまま、5回ほど窓を開け締めする

【結果】

左/掃除前 右/掃除後(掃除したのは右端の溝)【写真:Hint-Pot編集部】
左/掃除前 右/掃除後(掃除したのは右端の溝)【写真:Hint-Pot編集部】

 ゴムが通った場所なのか、痕跡を残すように半分だけ少しきれいになりました!

サッシ部分にホコリが丸まっているので掃除機で吸いやすくなる【写真:Hint-Pot編集部】
サッシ部分にホコリが丸まっているので掃除機で吸いやすくなる【写真:Hint-Pot編集部】

 また、サッシ部分にホコリが丸まっているので、掃除機で吸いやすい状態になっています。

掃除したあとの輪ゴム。細かいホコリが付着【写真:Hint-Pot編集部】
掃除したあとの輪ゴム。細かいホコリが付着【写真:Hint-Pot編集部】

 掃除後の輪ゴムには細かいホコリが付着していますが、大きなホコリは付着していません。本数を増やせばもう少しきれいになるのでしょうか? そこで3本でも試しましたが、そこまで汚れ落ちは変わりませんでした。また、3本では輪ゴムが窓とサッシの間に入り込んでしまったので注意が必要です。

ライフスタイルのランキング

  • Weekly
  • Monthly

ライフスタイルのWeeklyランキングは見つかりませんでした。

    ライフスタイルのMonthlyランキングは見つかりませんでした。

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内Weeklyランキングは見つかりませんでした。

    サイト内Monthlyランキングは見つかりませんでした。