Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

お出かけ

“ゴミ箱に入っていないものはすべて対象” 達人に聞いたホテルの忘れ物管理の裏側

公開日:  /  更新日:

著者:小林 千花

宿泊先で忘れ物をしてしまった時はまず何をするべき?(写真はイメージ)【写真:写真AC】
宿泊先で忘れ物をしてしまった時はまず何をするべき?(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 ホテルや旅館を利用した時のトラブルのひとつに、部屋や大浴場の脱衣所での忘れ物があります。気づいた時にはもう帰りの途についていて……ということもあるでしょう。こうした忘れ物は、当日でなくても返却してもらえるのでしょうか? ホテルは忘れ物をどのように管理しているのか、また問い合わせに対してどのように対応しているのかといった裏側について、客室清掃係の経験もあるホテルのエキスパート、小林千花さんにお話を伺いました。(編集部注:ここで挙げられている内容は一般的な例です。宿泊施設によっては対応が異なる場合もあります)

 ◇ ◇ ◇

忘れ物の保管期間は原則3か月

 ホテルでは一般的に、ゴミ袋に入れられているもの以外は、すべて忘れ物として保管されます。例えば、未開封の飲料やお菓子、髪ゴム、穴の空いた靴下でも、ゴミ箱に入っていない限り忘れ物として扱われるのです。保管されているのか、保管期間はどれくらいなのかを解説します。

○保管方法
 客室で忘れ物が見つかった場合、ホテルからお客様に連絡をすることは基本的にありません。プライバシーの観点から、忘れ物はお客様から連絡があるまで適切に保管されます。保管方法はホテルによって異なりますが、宿泊日、部屋番号、忘れ物の種類を記載して、客室清掃係が保管していることが多いとされています。

 財布やカギなど貴重品の忘れ物は、お客様から当日中に連絡があることがほとんどです。しかし、予約の際に携帯電話の番号を登録している場合は、ホテルから連絡をすることも。連絡があり、お客様がホテルに戻ってこられるまでの間は、フロントやベルデスクに設置された金庫で保管します。ご連絡がない場合は最寄りの警察署に届けられ、ホテルでは保管しません。

○保管期間
 保管期間は、忘れ物の種類や規定によってさまざま。「遺失物規定」という法律の規定により、ホテルで発生した忘れ物の保管期間は原則3か月です。ホテルによっては、保管期間を3か月以上としたうえで、一定数が保管された時点で見直しをしている場合もあります。

お出かけのランキング

  • Weekly
  • Monthly

お出かけのWeeklyランキングは見つかりませんでした。

    お出かけのMonthlyランキングは見つかりませんでした。

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内Weeklyランキングは見つかりませんでした。

    サイト内Monthlyランキングは見つかりませんでした。