Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

仕事・人生

影響を与える人になりたい…障害者野球からパラやり投げ選手へ 転向にあった思いとは

公開日:  /  更新日:

著者:Hint-Pot編集部・佐藤 直子

美馬アンナさんとパラやり投げの山崎晃裕選手【写真:荒川祐史】
美馬アンナさんとパラやり投げの山崎晃裕選手【写真:荒川祐史】

 俳優やタレントとして活動する美馬アンナさんと、配偶者で千葉ロッテマリーンズの美馬学投手は、2019年10月に愛息「ミニっち」を授かりました。生まれてきた我が子は先天性形成不全のため右手首から先がなく、出産時の夫妻は悲しみに暮れましたが、3年あまり経った今では笑顔があふれる前向きな毎日を過ごしています。

 現在のアンナさんは、障害児を持つ家庭の日常を包み隠さずSNSで発信しながら、障害者と健常者をつなぐ活動をしたいと学びを深めています。そんなアンナさんが、さまざまなジャンルの方と障害について語り合う対談シリーズ。今回は東京パラリンピックのパラやり投げで7位入賞を果たした山崎晃裕選手(※「崎」はたつざき)の中編です。2度の競技転向を支えたモチベーションに迫りました。

 ◇ ◇ ◇

高3の夏にやってきた奇跡の代打シーン

──山崎選手は野球を辞めようと思ったことはありますか。

山崎晃裕選手(以下山崎):好きなことが見つかると入れ込んでしまうタイプなので、中学も高校も自然な流れで野球部に入りました。その中でも、特に印象に残っているのが高校の入部時です。腕を組んだ少し強面の監督に「俺はお前を一人の選手として見る。もし特別扱いをしてほしかったら先に言ってくれ」と言われたのですが、僕はその言葉がすごくうれしくて。

「今までもみんなと一緒に勝負してきたので、そのつもりで入部しました」と答えると、「試合に出られないことやメンバーから外れることもあると思うけど、一人の選手として見ているからな」と言ってくれました。

美馬アンナ(以下アンナ):心に響きます。こういう監督との出会いも、山崎選手の人柄が引き寄せたんでしょうね。中学では二塁でレギュラーだったそうですが、高校では?

山崎:高校では投手でした。ジム・アボット投手の存在が大きく、ずっと投手をやりたかったので、高校で挑戦した結果、2年生の時に初めて背番号1をもらうこともできました。ただ、3年生の夏は代打要員です。

アンナ:そうだったんですね。

山崎選手は高校時代、投手や代打など野球で活躍【写真:荒川祐史】
山崎選手は高校時代、投手や代打など野球で活躍【写真:荒川祐史】

山崎:でも、代打も悪くなかったんです。県予選の3回戦、1点差で追いかける僕らに2アウト満塁というチャンスが回ってきました。その重要な局面で、監督は僕を代打として使ってくれたんです。僕はそこで逆転タイムリーヒットを打って、1点差で勝ちました。その時は、小学生からやってきたことすべてが報われたなと思いました。

アンナ:監督が山崎選手を信用していなければ、その場面では使いませんよね。

山崎:監督は覚悟を持って出してくれたと思いますが、自分もそこで代打として起用されるだけの結果を出してこられたのかなと。這いつくばってやったので。

アンナ:すべてが報われたという思いは、山崎選手だけではなく、ご家族もチームメイトも全員が感じたのかなと思います。

山崎:そうだったのかもしれません。僕がタイムリーを打った時、実は監督が初めてガッツポーズをしてくれたんです。

アンナ:それはうれしい! 映画みたいですね。

仕事・人生のランキング

  • Weekly
  • Monthly

仕事・人生のWeeklyランキングは見つかりませんでした。

    仕事・人生のMonthlyランキングは見つかりませんでした。

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内Weeklyランキングは見つかりませんでした。

    サイト内Monthlyランキングは見つかりませんでした。