インタビュー

電車事故で手足3本を失い「嘘だよね?」 美馬アンナさんに語った衝撃人生

著者:Hint-Pot編集部・佐藤 直子

タグ: , ,

山田千紘さん(左)と美馬アンナさん【写真:荒川祐史】
山田千紘さん(左)と美馬アンナさん【写真:荒川祐史】

対談シリーズ第6回 電車に轢かれて手足3本を失った山田千紘さん

 先天性上肢形成不全のため右手首から先がなく生まれた1歳10か月の男の子「ミニっち」の母であり、女優・タレントの美馬アンナさん。プロ野球の千葉ロッテマリーンズで活躍する夫の美馬学投手とともに、毎日たっぷりの愛情を注ぎながら子育てに励んでいます。

 出産後は絶望と葛藤の日々を過ごしましたが、今では我が子との出会いに使命を感じているそう。健常者と障害者をつなぐきっかけ作りや、障害のある子どもの家族が意見交換と情報共有ができる“場作り”を模索しています。そのヒントを得るために、さまざまなジャンルの方と対談しながら理解と学びを深める毎日です。

 今回の対談相手は、20歳の時に会社からの帰宅途中で電車に轢かれ、利き手と両脚を失った山田千紘さん。以前から自身の日常生活をSNSで発信していた山田さんは、昨年7月24日にYouTubeチャンネル「山田千紘 ちーチャンネル」も開設。「誰かの勇気や刺激になれば」と、スーツを着たりお弁当を作ったりする日常を公開しています。今では登録者数10万人を超える人気チャンネルです。

 また今年7月には著書「線路は続くよどこまでも」(廣済堂出版刊)も出版。積極的に発信を続ける山田さんに、前編では事故直後の率直な想いや葛藤などについてお聞きしました。

 ◇ ◇ ◇

「ぜひお会いしてみたい」と対談を熱望していたアンナさん

 2012年7月、大学を中退してケーブルテレビ会社で働き始めたばかりの山田さんは、帰宅途中の駅で線路に転落し電車に轢かれてしまいました。目が覚めた時には病院のベッドの上。一命は取り留めたものの、あるはずの右腕と両脚がありませんでした。

 絶望の淵に立たされましたが一念発起し、通常は1年半ほどかかる義足歩行のリハビリを半年でクリア。車の免許を取り、職業訓練校で学び、今では一人暮らしをしながら一般採用で入社した航空関連企業で働いています。

司会:アンナさんは以前から山田さんのYouTubeをご覧になっていたんですよね。

美馬アンナさん(以下アンナ):山田さんのYouTubeをテレビで知った私の両親に教えてもらい、拝見するようになりました。その後、この対談シリーズ第3回にご登場いただいた中村隆さん(国立障害者リハビリテーションセンター)が山田さんの義足製作を担当なさったとおっしゃって。お名前が挙がった時に「え、あの山田さんですか? 私、お会いしてみたいんです!」と盛り上がってしまいました(笑)。

山田千紘さん(以下山田):そうなんですか! それはうれしいなぁ。

アンナ:今回こうして対談できることになり、本当にうれしいです。

山田:僕もテレビやインスタグラムで美馬さんのことを拝見していました。まさか声をかけていただけるとは思わなかったので、ちょっと緊張してしまいます(笑)。