Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

ライフスタイル

子どもに理想を押し付けすぎた母 家族の崩壊と夫からの離婚宣言 回避する方法は?

公開日:  /  更新日:

著者:和栗 恵

教えてくれた人:夫婦カウンセラー・原嶋 めぐみ

長女への接し方を理由に離婚を切り出された女性。解決方法はある?(写真はイメージ)【写真:写真AC】
長女への接し方を理由に離婚を切り出された女性。解決方法はある?(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 親には多かれ少なかれ、子どもに対する理想があります。そうした理想を押し付け、子どもをコントロールしようとしすぎたあまり、夫から離婚を突き付けられてしまったという女性。離婚は絶対にしたくないと悩む女性に対し、夫婦カウンセラーの原嶋めぐみさんが答えます。果たして、家族仲を修復することはできるのでしょうか。

意外と知らない汗と臭いの関係 「もしかして臭ってる?」 みんなが悩む“汗あるある”

 ◇ ◇ ◇

優秀な長男と期待に応えてくれない長女

 東北地方在住の結城まなさん(仮名・45歳)は、夫と社会人の長男、専門学生の長女の4人家族です。専業主婦として家を守ってきたことを自負していますが、長女への接し方が原因で夫から離婚を言い渡されてしまいました。以下はまなさんのお話です。

 2人の子どもたちには、幼少期から塾にお稽古事にと忙しく学ばせてきたんです。私はあまり裕福ではない家庭で育ったため、やりたい習い事をさせてもらえず、大学進学も諦めました。そのため人一倍熱心に子どもたちの教育をしてきたんです。長男は私の期待に応え、地方の進学校から都内の有名私立大学へ。卒業後は地元の企業に就職し立派に働いています。でも、長女がどうしようもないんです……。

 長女が小さい頃から、ピアノ、英会話、塾、水泳、ダンスとお金をかけて学ばせてきました。なのに、なにひとつものにならなくて。本人は続けたがっていたのですが、ピアノ、ダンス、水泳をやめさせました。そして、長男と同じように良い高校、大学に入学するために塾の日数を増やしたんです。それなのに、長女は三流の私立高校に進学。大学受験も失敗の連続で、挙句の果てに、勝手に美容系専門学校へ願書を出し入学してしまったんですよ。

夫から突然の離婚発言

 私はそのことがどうしても許せなくて、長女と顔を合わせるたびに、つい口喧嘩に。夫や長男からはいさめられていたのですが、娘の顔を見ると文句が止まらなくて。そうしたら最近、夫から「離婚して家から出て行ってほしい」と言われたんです。

 夫の言い分は、私の接し方に長男と長女であまりにも差があるところが目に余る、長女が泣くほど私のことを嫌っているということでした。そして、子どもたちの気持ちに寄り添うには、この家に不要なのは私だけだとあんまりなことを言うんです。

 長女が外出中に彼女の日記を見たら、そこには「出来損ない」「私が生んだ子どもじゃないみたい」など、私に言われて傷付いたという記録が残されていました。私は長男にも長女にも同じだけ精一杯の愛情を与えてきたつもりです。でも、それを見たらもう、娘のことなんて本当にどうでも良くなってしまって。今は娘に小言を言うどころか一切口をきかず、娘に関するすべての家事を放棄している状態です。

 夫からは変わらず離婚を突き付けられています。結婚してからずっと専業主婦だったので、家を追い出されたら生きていけないですし、お金もありません。離婚はしたくないです。私はどうすれば良いのでしょうか?