Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

どうぶつ

「回収されてくウミガメ」に3万人驚き 誘導されるカメの本音は  飼育員に聞いた

公開日:  /  更新日:

著者:Hint-Pot編集部

飼育員さんの手に誘われてどんどん近づくアカウミガメ(画像はスクリーンショット)
飼育員さんの手に誘われてどんどん近づくアカウミガメ(画像はスクリーンショット)

「道の駅 紀宝町ウミガメ公園」(三重県南牟婁郡)は、全国で唯一、ウミガメの保護施設を併設した道の駅です。入場無料の「ウミガメふれあいパーク」には、ウミガメが泳ぐ姿を見ることができる大きなプールや、海の生物に触れることができるタッチングプールなど楽しいスポットがたくさん! ウミガメの魅力を間近に感じることができます。そんな同園の公開した動画が、現在ツイッター上で大きな注目を集めています。それは、人間の手一本でアカウミガメを水面へいざなう様子。驚きの“特技”について、動画を撮影した飼育員の伊藤柊也さんにお話を伺いました。

 ◇ ◇ ◇

飼育員さんの手に誘われるように現れたアカウミガメ

「回収されてくウミガメ」

 そんなユニークなメッセージとともにツイッターで公開された1本の動画には、ウミガメの水槽内に差し入れられた1本の腕が映っています。すると、その手に向かって画面左下から1匹の小さなアカウミガメが現れました。

 ゆっくりと手に近寄っていく姿は、まるで大好きな飼育員さんを見つけて喜んでいるかのようにも見えます。アカウミガメは右手に誘われるように水面へ近づくと、そのまま抱き上げられ、メッセージ通り“回収”されてしまいました。

 伊藤さんによると、この動画は水槽を掃除するためにウミガメを一時的にほかの水槽へ移動させるときに撮影したそう。ツイッターに投稿されると3.3万件もの“いいね”を集め、動画の再生回数は76万回を超えています。

 リプライ(返信)には「呼んだら来るのですか びっくりしました」「回収されてくというより自ら回収されにいってる そんな感じがします」「1ミリも警戒してないこの感じかわいい。萌えるわ」「きっと飼育員さんのことを信用してるのでしょうね」など、たくさんの感想が寄せられています。

実は手に噛み付こうとしていた!? アグレッシブな一面が

飼育員さんの手のひらに乗るアカウミガメ【写真提供:道の駅ウミガメ公園 公式(@umigamekouen)】
飼育員さんの手のひらに乗るアカウミガメ【写真提供:道の駅ウミガメ公園 公式(@umigamekouen)】

 アカウミガメと飼育員さんの“心温まるふれあい”に感動する声がたくさん寄せられましたが、その後のツイートで驚きの真相が明かされました。伊藤さんによると、アカウミガメの本音は「『飼育員さん大好き~!!!』ではなく『なんやこの手、食ったろ!』です(たぶん)」とのこと。

 実は、動画に登場した1歳5か月のアカウミガメは、同じ年齢のアカウミガメに比べるとおとなしい性格をしている一方で、「飼育員の手に噛み付こうとするアグレッシブな部分も持ち合わせている」そうです。

「飼育を初めて半年ほどで寄ってくるようになったと記憶しています。とくにしつけはしていませんが、飼育員がエサを与えるときにカメの視界に入るので、『飼育員=エサをくれる人』と学習はしていると思います。今回の動画では、腕や手を見て『エサかな?』と思って寄ってきたのだと思います」

 この後、“回収”されたアカウミガメはバックヤードの水槽へ。掃除が終わるまで、おとなしく過ごしていたそうですよ。