動物・レジャー

多頭飼育崩壊の家から保護されたねこ「温(ぬくみ)」-家族の温もりを知ってほしくて

著者:猫ねこ部

タグ: , ,

元保護ねこの「温」くん【写真:猫ねこ部】
元保護ねこの「温」くん【写真:猫ねこ部】

 ねことの暮らしのアイデアが詰まった「猫ねこ部」がお届けするシリーズ“なないろ猫物語”。大切な家族の一員である、飼いねことの生活のなかで感じたハッピーなエピソードをご紹介します。今回は多頭飼育崩壊の家から保護されたねこを引き取った家族の物語です。

 ◇ ◇ ◇

“人馴れしておらず里親会に出せない” 温くんとの出逢い

 くっきりアイラインに少しつりあがったクリクリのおめめ。これぞ正統派美形男子。彼の名前は「温(ぬくみ)」くんです。

 クールな外見とは裏腹に、とってもおしゃべりで甘えん坊な性格なのだとか。
今ではそのかわいいお顔をカメラに近づけてくるほど心を開いている温くんですが、実は半年ほど前までとても警戒心の強い子だったそうです。

「多頭飼育崩壊の家で育ったからか、ごはんを食べるのはいつも必死でした。手に噛み付いたり、周りを警戒しながらすごく急いで食べたり……」

 そう話すのは飼い主のOさん。もともと2匹の猫を飼っていたOさんは、3匹目を迎えようと保護ねこサイトを見ていました。その時、ふと目にとまったのが温くんだったそうです。

「もしかしたら里親のなり手が見つからないかもしれない……」

 それというのも、温くんは“人馴れしておらず、まだ里親会に出せない”とサイトで紹介されていました。しかし、温くんはその時すでに1歳近くになっていたため、Oさんは心配になってしまったそうです。

 そこでOさんは思い切って、里親のトライアルを申し込みました。紹介通り人慣れしていない温くんでしたが、Oさんのおうちに来て4日目。ようやくごはんを食べ、トイレもしてくれるまでになったそうです。しかし、触ろうとすると唸るの繰り返し……。残念ながら1週間のトライアル期間中、温くんに大きな変化は見られなかったとか。

 それでも、Oさんは諦めませんでした。「この子に幸せを感じてほしかったんです」とOさんは、当時の想いを語ります。Oさんは温くんを引き取る決意をしました。