Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

海外ニュース

ドロドロのニンジン、カゴは蹴とばしながら… 日本ではありえない英国スーパーの衛生事情

公開日:  /  更新日:

著者:Moyo

お値打ちの割引

 一方で、そんなダメージを受けた商品を含めて、当日に賞味期限を迎えるものなどは割引されていることが多かったです。意外にも、前述の高級スーパー「マーク&スペンサー」へ夕方に行くと、8割引きほどの破格の値段シールが貼られた商品が一斉に並び、かなりお得に。

 また賞味期限自体をなくそう、という取り組みも各スーパーで見られるようになり、ほとんどの生鮮食品から表記が消えていっています。自分の感覚でそれぞれの状態を見極めることで、日付を気にして神経質に商品を選んでいた昔と比べ、だいぶおおらかになった気がします。

 さらにカフェやスーパーを含んだ食品業界でも、フードロス削減のため「Too Good To Go」というアプリを活用しています。これは廃棄直前の商品(野菜や果物などの生鮮品から、マフィンやサンドイッチといったレディミールなど、お店によりさまざま)を、賞味期限が切れる廃棄寸前や閉店前にお値打ち価格で提供するというもの。

 私たち消費者側も高い外食費用や食費の出費を抑えることにつながり、両者ともにWin-Winの関係です。

 衛生的には、日本では見られない光景が広がっているかもしれませんが、フードロスに対する試みには感心する場面がかなりあります。英国へ行った際にはぜひ、いろんなスーパーやアプリを使って工夫してみてください!

(Moyo)

Moyo(モヨ)

新卒採用で日本の出版社に入社するも、心身ともに疲弊し20代後半にノープランで退職。それまでの海外経験は数度の旅行程度だったが、英国へ語学留学ののち移住した。そのままあれよあれよと6年の月日が経ち、現在はフランス在住。ライター、エディター、翻訳家、コンサルタントとして活動している。最近、ようやくチーズのおいしさに少し目覚める。