動物・レジャー

全盲のねことの暮らし 兄弟ねこにも支えられ発見の日々 「かわいそうって思うことがかわいそうと教えてくれた」

著者:猫ねこ部

タグ: , ,

右が「ルカ」、左が「ラク」。いつも仲良しの2匹【写真:猫ねこ部】
右が「ルカ」、左が「ラク」。いつも仲良しの2匹【写真:猫ねこ部】

 ねことの暮らしのアイデアが詰まった「猫ねこ部」がお届けするシリーズ「あなたの街の看板猫」。今回ご紹介するのは、富士山の麓にある一軒家サロン「ソラの家」の看板猫で、3歳の大猫コンビ「ルカラク」。「彼らから教わることがたくさんある」というのは飼い主の園子さん。2匹は想像を絶するほど過酷な環境から保護された兄弟。両目を失明していたラクくんは、ルカくんの後をついて回り、いつも一緒にいるそうです。園子さんは「師匠」と呼び、崇めているという彼らの魅力とは。

 ◇ ◇ ◇

ねこを飼うという発想は1mmもなかった

 富士山の麓にあるリトリートサロン「ソラの家」。入った瞬間から、なんとも癒やされる香り。木のぬくもり溢れる温かな空間が広がっています。出迎えてくれたのは看板猫の「ラク」くんと「ルカ」くん。3歳の兄弟です。

「ねこを飼うという発想は当時1mmもありませんでした。いぬは飼っていましたが外飼いでしたし、動物を家の中に入れて一緒に住むっていう考えが私の中になかったんです」

 そう話すのは、飼い主のサロンオーナー梶原園子さん。でも、そんな園子さんの考えを一変させたのが、富士北麓地域で保護猫・犬活動をしているねこねっと山中湖さんとの出会いだったといいます。

「(保科)千春さん(ねこねっと山中湖・副代表)のお宅に伺って、ねこに対する印象が本当に変わったんです。とてもいい子たちでかわいくてかわいくて。いつのまにか『ねこと一緒に住むためにはどうしたらいいのか』みたいなことを、周りの人たちにインタビューしてる自分がいました」

 とはいえ、今までねこを飼ったことのなかった園子さんは、なかなか一歩が踏み出せませんでした。

「ひとり暮らしなので、出かけたときにねこをどうしようというのもありましたし。色々考えると、『絶対ムリムリムリムリ』っていう自分と、でも『飼いたいな~』みたいな自分と……ちょっと葛藤がありました」