動物・レジャー

母ねこの最後の愛情で救われた命 民家のすき間から懸命に鳴き続けた生後まもない子ねこ「ムゥ」

著者:猫ねこ部

タグ: ,

子ねこの頃の「ムゥ」くん【写真:猫ねこ部】
子ねこの頃の「ムゥ」くん【写真:猫ねこ部】

 ねことの暮らしのアイデアが詰まった「猫ねこ部」がお届けするシリーズ“なないろ猫物語”。大切な家族の一員である、飼いねことの生活のなかで感じたハッピーなエピソードを紹介します。推定生後10日ほどで保護された「ムゥ」くん。3時間おきにミルクを与えるところから始まった飼い主さんと育まれた深い愛情の物語です。

 ◇ ◇ ◇

手の届かない狭い場所でずっと鳴き続けていた

 潤んだまあるい瞳がとっても愛らしい、彼の名前は「ムゥ」くん。3歳の男の子です。ムゥくんには、2匹の先住ねこがおり、名前は「テオ」くんと「ジン」くん。あるゲームのモンスターのキャラクターから名付けました。

「ムゥという名前もそのゲームから。でも、ムゥがお家にやってきたときはまだ生後10日前後でとても小さくかわいい存在だったため、モンスターではなく、ひつじのキャラクターにあやかった名前を付けました」

 飼い主の姫と三獣士(@dear_yoko_)さんによると、そんなムゥくんの性格は「おとなしくて、寂しがり屋。本当は甘えん坊なのに甘え下手。遠慮しいで不器用な子」なのだとか。

 飼い主さんとムゥくんの出会いは、ある日の夕方のこと。子ねこの鳴き声が聞こえてきたそうです。

「最初は母ねこがエサを探しに出かけていて、お腹が空いた子ねこが呼んでいるだけ、そう思っていました。でも、夜になっても、夜中になってもずっと鳴いていて……。朝になってもその子ねこは鳴き続けていたんです」

 次の日の夕方も、まだ必死に鳴き続けている子ねこの声に気付いた飼い主さん。

「さすがに24時間鳴いているのはおかしいと思って、必死で探しはじめました。そうしたら斜め向かいの家の隙間にいるのを発見して」

 ところが、そこは人の手が届かないような狭い場所。なぜこんなところに生まれたばかりの子ねこが置いていかれたのだろう……。「どうしよう」と困っていたところ、助けてくれたのがその家の人だったそう。

「竹竿の先端に針金で輪っかを作って、子ねこを引っ掛け救い出してくれました」

 すぐさま病院へ連れて行き、幸い検査結果に問題はなく、こうしてムゥくんとの暮らしが始まりました。