Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

からだ・美容

目が日焼けするとどうなる? 症状が出たときの対処法や紫外線対策法を眼科医に聞いた

公開日:  /  更新日:

著者:Hint-Pot編集部

紫外線を浴びると目が日焼けすること(写真はイメージ)【写真:写真AC】
紫外線を浴びると目が日焼けすること(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 気温が上がり、日差しの強さを感じる季節。日焼けしないように、外出時は肌に日焼け止めを塗るなど、しっかりと対策をする人も多いでしょう。しかし、紫外線対策は、実は肌だけでは足りません。長時間、紫外線を浴び続けると、目も日焼けをするそうです。目が日焼けするとどのような症状が出るのか、また紫外線から目を守るにはどのような対策が必要かについて、中目黒眼科の杉本由佳医師に伺いました。

“汗あるある”に思わず共感 「汗ジミ」「何度も自分の臭いを確認」よりも多い1位は?

 ◇ ◇ ◇

意外に知らない目の日焼け 角膜が炎症を起こして発症

 眼球の最も外側にあり、黒目の部分を覆っている透明な膜を角膜といいます。普段あまり意識しないかもしれませんが、角膜は紫外線のダメージを受けやすく、浴び続けると角膜に傷がついて炎症を起こしやすい部位です。そうなると、目がゴロゴロして痛みを感じたり、充血や流涙などの症状が出たりすることもあります。

 目の日焼けとは、こうした紫外線による角膜の炎症のことを指します。よく知られているのが、雪目とも呼ばれる紫外線角膜炎です。これは、海水浴場や標高の高い山、スキー場など紫外線が強い場所で、長時間かつ直接紫外線を浴びることで角膜が炎症を起こして発症する急性疾患です。充血や流涙だけでなく、痛みで目が開けられないなどの症状が出る場合もあります。

 その際は、睡眠を十分に取るなどして目を休ませることが大切です。濡れタオルや保冷剤などでまぶたを冷やすのも効果的でしょう。一般的に1~2日ほどで自然治癒します。

 また、市販の目薬で処置するのもひとつの手です。その際は、ヒアルロン酸の目薬など刺激の少ないタイプのものを選ぶと良いでしょう。角膜に傷がついているときに爽快感のある目薬を使うと、痛みを感じることもあるので注意が必要です。強い痛みが2日経っても引かない場合は、眼科を受診しましょう。

目の紫外線対策をしないと、慢性疾患につながるおそれも

 目の日焼けは急性に限らず、慢性疾患も引き起こします。そのひとつが白内障で、目のレンズの役割をしている透明な水晶体が濁る病気です。水晶体は主にたんぱく質と水でできています。加齢や、長年にわたって紫外線を浴びるなどさまざまな影響を受けると、たんぱく質が徐々に酸化して水晶体が白く濁るのです。

 水晶体が濁ると角膜まで光が届かなくなり、目のかすみや光をまぶしく感じるなどの症状が現れます。しだいに視力が低下していき、進行すると失明する可能性も。日常生活に支障をきたすようなら、手術が必要になることもあります。何かしらの違和感があれば、放置せず早めに眼科を受診してください。