Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

からだ・美容

「更年期なんて私には関係ないと思ってた」…体調不良に悩まされた女性 悲劇の連鎖

公開日:  /  更新日:

著者:和栗 恵

まるで眠れなくなり市販の薬でしのぐ日々 しかし思わぬ“代償”が

「更年期、早く終わらないかな」

意外と知らない汗と臭いの関係 「もしかして臭ってる?」 みんなが悩む“汗あるある”

 ホットフラッシュや、相変わらず続いていた頭痛やめまいに悩まされつつも、頭痛薬や酔い止めをドラッグストアで購入し、通勤を続けていた位知子さんでしたが、検査を受けてから2~3か月経った頃、突然、眠れない夜が続くようになりました。位知子さんはスポーツジムを休みがちになっていたので、運動量が足りないせいだと思い、これまで以上にトレーニングするようにしてみたそう。しかし……。

「身体は疲れているはずのに、まるで眠れなくなってしまったんです。クタクタになっているのに、脳だけが冴えてしまっているような感覚が続くんです。明け方、ウトウトとはするのですが、睡眠不足が続いて毎日がつらくてつらくて……。友達から『市販の睡眠薬でも飲んでみたら?』と言われ、試してみることにしたんです」

 睡眠薬の効果か、久しぶりによく眠れた位知子さん。「ああ、眠れるって、幸せなことなんだ~」と思いつつ、その日から睡眠薬を服用する日々が続いたといいます。

「あまり続けるのは良くないと思い、薬をあえて買わないでいた時もあったのですが、不思議なもので、飲まないと不安で不安で眠れないんですよね。で、結局は深夜も開いているドラッグストアを探して薬を買いに行ってしまいました。『まぁ、更年期が終わるまでの辛抱だし!』と思っていたんですが……薬があまり、合わなかったらしくて。最初は腰の辺りに。そのうち全身に、蕁麻疹のような発疹ができるようになりました」

 慌てて薬を飲むのをやめたけれど、発疹はなかなか改善されず。首や顔にも発疹が出るようになってしまい、会社の部下や同僚にこんな自分を見られることに耐えられなくなった位知子さんは、会社を休みがちになってしまったのだそう。

「電話をして休みたい理由を話したら、部長は『そんなこと誰も気にしないから出てこい』って言うんですよ。その言葉が逆に突き刺さったんです。私にとっては『そんなこと』で片付けられるほど簡単なことじゃない。これまで一生懸命仕事をしてしがみついてきた職場が、こんなに理解のない場所だったなんて……って。そう思ったら、会社に行くのがつらくてつらくて仕方なくなってしまいました」