動物・レジャー

ドブに落ちて傷だらけだった元保護ねこを見捨てずに迎え入れた飼い主 「この子を飼い始めてから毎日が明るくなった」

著者:猫ねこ部

タグ: , ,

元保護ねこの「トニー」くん【写真:猫ねこ部】
元保護ねこの「トニー」くん【写真:猫ねこ部】

 飼いねことの幸せエピソードをお届けする“なないろ猫物語”。今回はドブに落ち傷だらけだった元保護ねこの「トニー」くんをご紹介。瀕死の状態だったトニーくんを見捨てずに迎え入れてくれた飼い主さんの暮らしは、トニーくんによって明るい日々へと変わリました。

 ◇ ◇ ◇

ハチワレ具合がかわいらしい「トニー」くんは好奇心旺盛な男の子

 真ん中でぴっちりなハチワレ具合がとってもキュートなねこの名前は「トニー」くん。好奇心旺盛な1歳の男の子です。

「大好きなディズニーのキャラクターに顔が似ていて、そのキャラクターの名前をちょっと変えて『トニー』と名付けました」

 そう語るのは、飼い主のNANAさん。トニーくんとの出会いは、NANAさんが小学6年生の時のこと。

「学校帰り、ある男の子に『ドブに子ねこが落ちてるよ!』と言われてすぐに見に行くと……。鳴き声はかすれ、身体は水でぐっしょりと濡れていた傷だらけの子ねこがいたんです」

 周りの人たちは口を揃えて「野良ねこだし、身体も汚いしほっとけ!」と言ったのですが、助けてほしそうに一生懸命鳴いている子ねこを放っておくことができなかったNANAさんは、結局その子ねこを保護し、家まで連れ帰ったそう。
家に帰ると母親からは「かわいそうね……。でもうちはお父さんが許可してくれないかぎり飼えないのよ」と言われ、ひとまず近所の動物病院に連れて行き、何かできることがないか尋ねました。そして、病院から粉ミルクをもらい、帰り道には「SNSで里親募集をしようか……」などと考えたNANAさんですが、結局友人と1週間交代で、ねこの世話をすることにしました。

 NANAさんが世話をしていたある日の夜。父親から意表を突く提案がされました。「このまま飼える人がいなかったらどうする? うちで飼おうか!」という言葉に、NANAさんはとても驚きましたが、とてもうれしかったといいます。こうして晴れてトニーくんを家族として迎えることになったのです。