料理・グルメ

自炊疲れ解消 サラダチキンで簡単おうちカフェ風ごはん レンチンピラフや多国籍なレシピ3選

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , , , ,

東南アジア風カオマンガイ おうちカフェ風に【写真:Hint-Pot編集部】
東南アジア風カオマンガイ おうちカフェ風に【写真:Hint-Pot編集部】

手作りして作り置きしておいても便利 ほぐして冷凍保存も

 外出自粛の影響により家で過ごす時間も増え、毎日のごはんのメニューに頭を悩ませます。自炊疲れを感じる人もいるかもしれません。サラダチキンを使った、簡単に作れておいしいごはんレシピを紹介します。サラダチキンは、鶏むね肉を耐熱容器に入れて、調味料を加えて電子レンジでチンすれば完成するので、作り置きしておくと便利で経済的かもしれません。もちろん、コンビニなどで売られている市販のものでもOK。管理栄養士で医学博士の本多京子先生、サラダチキン専用の調味料を手がけるキング醸造株式会社の竹山慎一郎さんに、サラダチキンを使ったアレンジレシピを教えていただきました。

 ◇ ◇ ◇

 家にいる子どもの“お昼ごはん”問題。本多先生は、「子ども自身が食事のことを考える良い機会にしてみるのはどうでしょうか。毎日、子どものごはんを用意するのに親たちは大変です。インスタントやレトルト食品などに頼りがちかもしれませんが、どうしたら身体に良い食事を取ることができるか、親子で話をしてみるのも良いでしょう。炭水化物、たんぱく質、野菜を摂れているか、不足分を補うにはどんな工夫ができるのか、など。特に小学校高学年以上のお子さんであれば、自分でお昼ごはん作りにチャレンジする良い機会になるでしょう」とアドバイスします。

 良質なたんぱく源となる、人気の代表的な食材といえば「サラダチキン」。その栄養について「高たんぱく質で低カロリーという、手軽にたんぱく質が摂取できる食品の1つです。市販品も多種ありますが、経済的なことも考えると、手作りをして作り置きしておくのがおすすめです。サラダチキン用の調味料も市販されているので、活用すると良いでしょう」と本多先生は語ります。

 たくさん手作りした場合は、ほぐして密封できる保存袋に入れておくと便利。竹山さんによると、サラダチキン専用の液体タイプの調味料と鶏むね肉を電子レンジで加熱し、粗熱が取れたら手でほぐして、加熱した時に出た肉汁を鶏肉に吸わせると、しっとりと旨みのある状態で冷凍保存ができるそうです。