動物・レジャー

たくさんの笑顔をありがとう 海で保護されたねこがアレンジメント教室の看板ねこに「みんなの顔が段違いにいい」

著者:猫ねこ部

タグ: , , ,

「オルテンシアアズール」の看板ねこ「スカタン」くん【写真提供:suca!(dailysuca)さん】
「オルテンシアアズール」の看板ねこ「スカタン」くん【写真提供:suca!(dailysuca)さん】

 ねことの暮らしのアイデアが詰まった「猫ねこ部」がお届けするシリーズ「あなたの街の看板猫」。ビニール袋に入れられ、海に捨てられていたところを保護され、現在では花屋の看板ねこを務める「スカタン」くんを紹介。フラワーアレンジメントを手がける「オルテンシアアズール」の主宰で飼い主のmicaさんとご主人の“オレさま”に、スカタンくんの働きぶりやチャリティ活動について聞きました!

 ◇ ◇ ◇

受講者のねこたちと大集合することも 看板ねことして多忙な日々

「自分では飼えないけどここを通るのが楽しみ。スカちゃんに触りたいから会いに来る……そんなこと言ってもらって、看板ねこ冥利に尽きるよね、スカ」

 そう言ってmicaさんは、スカちゃんを愛おしそうに見つめます。スカちゃんとは、フラワーアレンジメントを手がける「オルテンシアアズール」の看板ねこ「スカタン」くんのこと。西荻窪にあるアトリエでは、毎月フラワーアレンジメントのレッスンが行われています。スカちゃんはレッスンに通う生徒さんたちにも大人気。

「レッスンの時、必ずみんなの作品の記録写真を撮るんですね。スカと一緒に撮ると、もうみんなの顔が段違いにいいんですよ」とmicaさん。予約の時点で「スカちゃんに会えるのを楽しみにしてます」と、熱烈なラブコールを送ってくださるスカファンの生徒さんも多いのだとか。

 また、アトリエでは、定期的に受講者の飼っているねこちゃんたちが大集合することも。その名も「#オルテシ猫部」。「ペットと一緒にレッスンを受けられるのが楽しい」という生徒さんたちの言葉が、micaさんはとてもうれしいといいます。