暮らし

オンライン飲み会 家だからとついやってしまう「悪酔い」する飲み癖

著者:Hint-Pot編集部

教えてくれた人:池田 由美

タグ: , , , , ,

人気の高まる「オンライン飲み会」。注意すべきこととは?(写真はイメージ)【写真:写真AC】
人気の高まる「オンライン飲み会」。注意すべきこととは?(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 外出自粛の影響で、自分の家にいながら仲間とビデオ通話アプリでつながってお酒を飲む「オンライン飲み会」を楽しむ人もいるようです。「オンライン飲み会」を開催する会社も増え、できれば「参加したくない」と思う人も。お店ではなく家にいるからこそ、帰宅の心配もなく、ついだらだら、ずるずると、飲みすぎたり、食べすぎたりして「悪酔い」していませんか。スマートに飲むコツを、栄養士の池田由美さんに聞きました。

 ◇ ◇ ◇

帰らなくて良いからずるずると… 空腹や度数の高いアルコールで乾杯はNG

――オンライン飲み会でつい飲み過ぎてしまうことも多いです。

「人と会話をしながらお酒の席を楽しむというのは、在宅ワークで人と触れ合う機会が減っている今、リフレッシュやリラックスできるという面ではとても良いこととは思います。その一方で、家にいて『帰る』心配がないので、ついだらだらとお酒を飲んでしまい、悪酔いや二日酔いというケースも聞きます。あらかじめ終了時間を設定して参加するというのもコツかと思います」

――「悪酔い」や「二日酔い」はなぜ起きるのでしょうか?

「アルコ-ルは、およそ20%が胃で、残りは小腸で吸収されると言われています。他の食品とは異なり消化されることがないため、体内に吸収されるスピードが速いです。飲酒後およそ1~2時間でほぼ吸収されると言われています。吸収されたアルコ-ルは、肝臓で頭痛や吐き気の原因と言われる有害のアセトアルデヒドから無害の酢酸に分解され、体外に排出されます。このアルコ-ル分解がうまくできずにアセトアルデヒドが残ると、二日酔いや悪酔いの原因となります」

――悪酔いしないために、やってはいけないことはありますか?

「適量であることが前提ですが、2つあります。1つ目は、空腹のままお酒を飲まないということです。2つ目は、最初に飲むものはアルコール度数の高いものを選ばないこと。ビールなど比較的アルコール度数の低い飲み物で乾杯すると良いでしょう。空腹のまま飲むと、アルコ-ルが胃を素通りしてそのまま小腸に流れるため、体内への吸収が速くなり悪酔いしやすいです。また度数の高いお酒も、そのまま体内に吸収されて血中のアルコール濃度が急上昇し、悪酔いします」

――そのためにどういう工夫が必要でしょうか。

「お店ならお通しが出てきます。家で飲む際も用意が面倒かもしれませんが、飲む前に食べるお通しや、お酒のおともとなるおつまみ、または食事を準備した方が良いでしょう。何も胃に入れずにいきなりお酒を飲んでしまうのは控えましょう。飲み始めに水を飲むのも、血中のアルコール濃度を急上昇させないので悪酔いしにくくなると思います。つまみと一緒にゆっくり飲むと、アルコ-ルが胃にとどまる時間が長くなり、その結果体内への吸収スピードが遅くなります。血中濃度は低いまま保たれて悪酔いの防止となります。またアルコ-ルは利尿効果があって脱水気味になるため、途中で水を飲むことも忘れずにしましょう」