料理・グルメ

キャベツは部位ごとに料理せよ! 丸ごと買いしておいしい 毎日食べても飽きないレシピ【内・中心葉編】

著者:市川 千佐子

タグ: , ,

千切りキャベツのボリュームサラダ【写真:市川千佐子】
千切りキャベツのボリュームサラダ【写真:市川千佐子】

内葉・中心葉のサクサク感がおいしい「千切りキャベツのボリュームサラダ」

 千切りキャベツがいくらでも食べられるサラダ。ひき肉にしっかりと味を付けて、キャベツと混ぜるだけ、ドレッシングいらずです。

【材料】(3~4人分)
キャベツ(内葉または中心葉) 中3~4枚(300g)
トマト            1個
キュウリ           1/2本
餃子の皮           6枚

豚ひき肉           200g
しょうゆ           大さじ2
みりん・ナンプラー・酢    各大さじ1
すりおろしニンニク      小さじ1/4
植物油・コショウ       各少々

【作り方】
1、キャベツは千切りにし、水に5分さらし、水気を切っておく。トマトはくし形、キュウリは千切りにする。餃子の皮はオーブントースターで2~3分、カリッとするまで焼き、1口大に割っておく
2、フライパンを中火にかけ油を引く。豚ひき肉、みりんを入れ炒める。色が変わってきたら、しょうゆ、ナンプラー、ニンニクを加え炒める。煮汁が少し煮詰まってきたら、酢、コショウを加えて火を止める
3、器に1と2を彩りよく盛る

【ポイント】
・千切りは、キャベツの葉脈を断ち切る方向で切ると、ふんわり柔らかく仕上がります。春から夏のキャベツは柔らかめなので、やや太めに切るのがおすすめです。太い茎は薄切りにしましょう。
・食べる時にはよ~く混ぜるのがポイント。ひき肉にしっかりと味が付いているので、よく混ぜることで全体に味が行き渡ります。
・餃子の皮の代わりに、塩味のトルティーヤチップスもOK。大人向けには、鷹の爪やパクチーを加えても美味です。

サワラと柔らかキャベツのさっと煮【写真:市川千佐子】
サワラと柔らかキャベツのさっと煮【写真:市川千佐子】

甘い中心葉が魚と好相性「サワラと柔らかキャベツのさっと煮」

 中心葉の柔らかさ、甘みを生かした煮魚の料理です。キャベツがたっぷりと食べられます。

【材料】(2人分)
サワラ        2切れ
塩          少々
キャベツ(中心葉)  小4~5枚(300g)

A酒          100cc
Aしょうゆ       大さじ2
Aみりん        大さじ2
Aショウガの薄切り   1/2かけ分

ショウガの千切り   1/2かけ分

【作り方】
1、サワラは塩を振り10分くらい置く。水気が出たら拭いておく。
2、キャベツは1口大にちぎる。太い茎は薄切りにする
3、浅めの鍋にAを入れ、中火にかける。沸騰したらサワラを並べ、煮汁をかけながら6~7分煮る
4、2を加え、フタをして1~2分煮る。キャベツが柔らかくなったら、煮汁ごと器に盛り、ショウガの千切りを添える

【ポイント】
・柔らかいサワラにキャベツの甘みが合う一品です。サワラの他、タラやカジキ、タイにも合います。
・中心葉のキャベツはすぐに火が通るので、煮すぎないようにしましょう。

●Hint-Pot編集部では、皆様の「おうちごはん」を募集しております。自慢の我が家の味をレシピと写真と一緒に[email protected]までお寄せください。