海外ニュース

キャサリン妃 心温まるメッセージが話題に 義足で10キロ歩いた5歳の少年に「素晴らしい勇気と決意」

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

キャサリン妃【写真:Getty Images】
キャサリン妃【写真:Getty Images】

少年は医療従事者のために10キロを歩いて1億3300万円超を集めたという

 キャサリン妃とウイリアム王子が、ある少年に心温まるメッセージを送り、話題となっている。その少年は義足の両脚で10キロメートルを歩き、100万ポンド(約1億3300万円)を超える寄付金を集めたという。夫妻がその雄姿と、少年に宛てたメッセージを公式SNSに公開すると、多くの称賛の声が寄せられた。

 ◇ ◇ ◇

 英大衆紙「デイリー・エクスプレス」によると、キャサリン妃とウイリアム王子は、英ケント州ウエスト・マリング在住の5歳、トニー・ハッジェルくんが「見せた素晴らしい勇気と決意はとても誇らしい」というメッセージとともに、緑の中を歩くトニーくんの写真を公式SNSに投稿した。

 トニー少年は、実の両親からひどい虐待を受け、2017年に両脚を切断したという。そして今年初めて義足を受け取ったことから、ウイリアム王子夫妻がパトロンを務めるエバリーナ・ロンドン小児病院への資金を集めるため、6月に毎日歩くことを誓った。

 この大きな挑戦には、生後5週で重傷を負った際に自分の命を救ってくれた医療従事者にお返しをするため、という意味も込められていると記事は伝えている。

 ウイリアム王子夫妻がトニーくんに感謝と激励を送る投稿は大きな話題を呼び、20万件を超えるいいねが寄せられた。

 キャサリン妃はロックダウン以後、SNSやビデオ通話を使い、以前よりも積極的に国民と交流している。先日は、緑のドレス姿でビデオ通話に登場し、病気のため9歳で亡くなった少年を追悼するために、ヒマワリを植える約束をして話題を呼んだばかり。未来の王妃は病気の子どもやその家族のためにも心を砕き、称賛を集めている。

(Hint-Pot編集部)