動物・レジャー

脇をふみふみされるのが「至福の時間」 売れ残っていたねことの“運命の出逢い”が人生をより色彩鮮やかに

著者:猫ねこ部

タグ: , ,

運動が苦手で抱っこも嫌いだけど、心優しき「メルちゃん」【写真提供:メルママ(@mi_meru246)さん】
運動が苦手で抱っこも嫌いだけど、心優しき「メルちゃん」【写真提供:メルママ(@mi_meru246)さん】

 モフモフなフォルムにピンクの鼻、愛くるしい表情がとってもキュートな、スコティッシュフォールドの「メル」ちゃん。ペットショップで売れ残っていた、生後5か月のメルちゃんを迎え入れたという飼い主のメルママ(@mi_meru246)さんにとって、ねこの飼育は初めての経験でした。それから2年。今やなくてはならない存在になったようです。

 ◇ ◇ ◇

マイペースのメルちゃんは運動が苦手

「ツンツンツンツンたま~にデレな性格で、基本甘えてはこないです。抱っこも嫌いで、膝の上には一度も乗ってきたことがありません」。そう話すのは飼い主のメルママさんです。でも、メルママさんが寝ようとすると布団に入ってきて、すごく甘えた声で鳴きながら、脇をふみふみしてくれるんだとか。

「私にとっては唯一甘えてきてくれる至福の時間です。爪がとっても痛い時もあるんですが、そんな痛みも気にならないほど。ゴロゴロ言いながらふみふみしている姿を見ると『あぁ、お母さんを思い出してるのかな~』って。ウルウルしてきてしまいます」

 おっとりさんでマイペースガールのメルちゃん。運動も苦手で、大好きなねこじゃらしで遊んでいてもすぐに休憩しちゃうそう。「ジャンプも苦手で、食卓や流し台カウンターにも乗らないのですごく助かってはいるんですが、木製ラックのサイドポールをはしごのように登っていって、落ちたりしないかいつもヒヤヒヤしながら見ています」

2年前にペットショップで夫が見初める

 そんなメルちゃんに出逢ったのは2年前のこと。「いつかねこかいぬを飼えたらいいね~」と夫婦で話していた矢先、近所のホームセンターのペットショップにふらっと立ち寄った際、ご主人がメルちゃんを見てビビビッと来たのだとか。

 ペットショップで売れ残っていたというメルちゃんは、当時生後5か月。「何度もそのペットショップに立ち寄っていたのに全然覚えていなくて……今思うと不思議なのですが……」とメルママさんは当時を振り返ります。

 それまで、ねこやいぬを飼ったことがなかったメルママさん。飼うことには慎重だったそうですが、ご主人はお迎えする気満々に。触ったり抱っこしたりする前から部屋に新しいエアコンを付けるなど、お迎えの準備をどんどん進めていったそうです。

 そして次の休日、2人でメルちゃんに会いに行って初めて抱っこ。その愛らしさにすっかり心奪われ、思い切ってお迎えすることに決めました。メルという名前は「顔を見ていたら浮かんできた」とご主人が決めたそうです。

「今はパパさんがメルを見つけてくれたことにとっても感謝しています。メルも私たちを待っていてくれたんだと。運命の出逢いだと信じています」