インタビュー

美人プロレスラー 長寿なトイプードルと元保護猫との大切な時間 「この光景が少しでも長く続きますように…」

著者:Hint-Pot編集部・佐藤 直子

タグ: , , , ,

赤井沙希選手と愛犬「クック」くん。動画で紹介する様子【画像:HEARTS AS ONE】
赤井沙希選手と愛犬「クック」くん。動画で紹介する様子【画像:HEARTS AS ONE】

 よく「犬派」「猫派」を分けられることが多いですが、「犬も猫も、どっちも大好き!」という人も多いはず。元ボクサーで俳優の赤井英和さんを父に持ち、DDTプロレスリングで活躍する女子プロレスラー、赤井沙希選手もその1人です。長身とクールビューティなルックスを持つ赤井選手は、モデルや女優としても活動するなどマルチタレントぶりを発揮。そんな赤井選手の心を掴んで離さない、14歳の愛犬と愛猫を紹介します。

 ◇ ◇ ◇

赤井沙希選手の愛犬「クック」くんと愛猫「ガブ」ちゃん 14歳の同い年

 愛犬の「クック」くんは、14歳のトイプードル。名前は小さい頃、クンクン鳴いている姿を見ておばあさんが名付けました。

 普段は2~3か月に1度トリミングへ行っていますが、最近は感染症予防のためなかなか行けず。特に外出自粛期間はロングヘアになってしまい、少しワイルドな印象になってしまったそう。

「普段はもうちょっと男前に、髪の毛もカットしているんですけど」と赤井選手。「14歳で結構おじいちゃんになってきたんです」と言いながらも、クックくんを見つめる目は愛情にあふれています。

 一緒に外へお散歩に出かけると、分かれ道で立ち止まるクックくんに「どっち行く?」と優しく尋ねる赤井選手。どちらへ行くか決め切れない様子のクックくんを温かく見守ります。

 大切な家族はもう1匹。愛猫の「ガブ」ちゃんは、キジ模様ながら両手両脚とお腹の部分は真っ白な14歳の男の子。赤ちゃんの頃から噛み癖がすごかったのと、天使のようにかわいらしく天使のガブリエルから、現在の名前を付けました。

 生後5か月の頃、雨の中ひとりぼっちでいるところを、赤井選手の知人に保護されたガブちゃん。赤井選手が何度か会いに行き、譲り受けることとなりました。クックくんとガブちゃんをお迎えしたのは同時期でしたが、2匹が初めて顔を合わせたのは大人になってからのことだったそうです。