恋愛・夫婦

愛情メーターがいきなり空に! 「100%失われた」と語る妻が受けた夫の言葉&行動

著者:和栗 恵

タグ: ,

頼んだことすらできない夫に冷めてしまった例も

 奈良県在住の津田奈乃香さん(仮名・42歳)は、昨年夏、1週間ほどの海外出張に行くことになりました。数年前に戸建てを手に入れ、愛情を持ってガーデニングに精を出していたこともあり、これまで長期の出張は断っていたのですが、今回だけはどうしてもと言われたためご主人に「庭の水やり」を頼み込んで出かけたといいます。

「帰ってきたらびっくり。庭一面が茶色く枯れていたんです。帰宅してすぐに見にいったのですが、鉢植えから大事に育てて増やしたバラも、料理に使うためさまざまな種類を植えたハーブ畑も、フェンスに這わせていたツタも、出かける時は生命力にあふれ輝いていたはずの庭が、廃墟のようになっていました」

 それでも、出張に出るのは自分が決めたことだからと、ご主人を責めることはしなかったという奈乃香さん。ですが後日、夫と共通の友人たちと食事をした際、彼女の耳に信じられない言葉が聞こえてきました。

「うちのやつ、庭の手入れひとつできなくて。庭が焦土と化してるんだぜ!」

 それを聞いた友人たちからは「せっかく戸建て買ったんだから、庭くらい手入れしなよ」というありがたくもない忠告を受けたといいます。

「自分が庭を枯らした張本人なのに、私だけが悪いかのように言いふらした夫の、その瞬間の顔がものすごくいやらしくて醜くて。あ~~、このままこの人と一緒にいたらダメだわ~~って思ったその瞬間、脳内に『離婚』の2文字が浮かびました」

 ご主人が地雷を踏み抜いたことで愛情が100%失われ、その後は離婚に至ったという3人の女性。愛情とは形がない分不安定で、何がきっかけで愛情メーターがゼロになるかは誰にも分からないもの。だからこそお互いに傷付けることなく、地雷を踏むことなく穏やかに、気を配りながら暮らしていくことが大切なのだと気付かされました。

(和栗 恵)