料理・グルメ

秋の夜長は「はんぺん」で家飲み! お酒に合うおつまみレシピ2品

著者:和栗 恵

タグ: ,

おでんでおなじみのはんぺんが、家飲みにぴったりのおつまみに変身!(写真はイメージ)【写真:写真AC】
おでんでおなじみのはんぺんが、家飲みにぴったりのおつまみに変身!(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 魚のすり身を使って作られるはんぺんは、低カロリー・低脂質なのに、たんぱく質やカリウム、鉄、ビタミンB12といった栄養がたっぷり詰まっています。おでんの材料としてよく使われますが、実ははんぺんはさまざまな料理に合う“食の優等生”と言えるでしょう。でも、いざ料理に使う……となると、どうすればいいのか迷ってしまうもの。そこで、はんぺんを使った、家飲みにおすすめのおつまみ2品をお届けします。

 ◇ ◇ ◇

調理時間は10分以内 カットして並べて焼くだけで超簡単

トマトとバジルソースでおしゃれな味わいに【写真:和栗恵】
トマトとバジルソースでおしゃれな味わいに【写真:和栗恵】

 バジルソースは焦げると苦みが立ち、ビールに合う味わいに仕上がります。こんがりと焼けたはんぺんが、トマトの水分をしっかりと吸うので、冷めた時にべちゃべちゃにならず、満腹感もあり。ダイエット中のメニューにもぴったりです。

 
○はんぺん×トマトのバジルソース焼き

【材料】(3~4人前)
はんぺん  2枚
中玉トマト 4個
パスタ用のバジルソース(市販) 1袋

【作り方】
1、はんぺんは厚さが半分になるようにカット。1枚を十字に切り4等分にする
※厚いままでもOKですが、トマトの水分ではんぺんが膨らむので、薄めの方がバランス◎
2、トマトは洗ってヘタを取り、輪切りにスライスする
※皮には多くのリコピンが含まれているため、皮ごと調理がおすすめ
3、耐熱皿に、はんぺんとトマトを交互に立てて並べる
4、バジルソースをかけ回したら、750Wのトースターで軽く焦げ目が付くまで焼けば完成

 バジルソースが焦げると苦いため、お子さん用は焼き終えてからソースをかけてください。また、ボリューミーに仕上げたい時は、パン粉やピザ用チーズをトッピングしてもOK。