料理・グルメ

ニンジンで絶品の常備菜 沖縄の“おばぁ”直伝の「しりしり」と和からしを使った「ラぺ」の作り方

著者:和栗 恵

タグ: , ,

旬を迎えるニンジン。2品の簡単レシピをご紹介【写真:和栗恵】
旬を迎えるニンジン。2品の簡単レシピをご紹介【写真:和栗恵】

 栄養価が高く、緑黄色野菜の代表格でもあるニンジンは、これからの季節に旬を迎えます。ニンジンを使った料理はさまざまにありますが、今回は素材の味を引き立て、自然な甘さが楽しめる、簡単レシピ2品をお届け。沖縄の郷土料理「ニンジンしりしり」とフランスの家庭料理「ニンジンのラペ」は、常備菜としても大活躍すること間違いなしです。

 ◇ ◇ ◇

手前が「しりしり器」。奥は100円均一で購入したチーズグレーター【写真:和栗恵】
手前が「しりしり器」。奥は100円均一で購入したチーズグレーター【写真:和栗恵】

「しりしり」と「ラぺ」は、どちらも「すりおろす」や「千切り」という意味の言葉。その名の通り、千切り状のニンジンを調理するため、味や火が通りやすく、手早くできるのが魅力です。今回は「しりしり器」と呼ばれる専用のおろし金を使用していますが、チーズグレーター(チーズ削り器)や千切り用のスライサーなどを利用してもOK。