暮らし

“我が女優道”を行く田中裕子65歳 75歳の独居老人を演じる『おらおらでひとりいぐも』で見せた円熟味

著者:関口 裕子

タグ: ,

主人公・桃子を演じる田中裕子【写真:(c) 2020「おらおらでひとりいぐも」製作委員会】
主人公・桃子を演じる田中裕子【写真:(c) 2020「おらおらでひとりいぐも」製作委員会】

 人は誰しも年を取るもの。いくらお金や名誉があっても、これだけは避けられません。そして、募る孤独といかに向き合うかも、それぞれの人生経験や価値観によって方法は異なります。本作の主人公は、一戸建てで一人暮らしをする75歳の桃子さん。演じる田中裕子さんは、現在65歳です。名作ドラマ「おしん」などから彼女を知るファンにとって、本作はどのように映るのでしょうか。映画ジャーナリストの関口裕子さんに解説していただきました。

 ◇ ◇ ◇

63歳で作家デビュー おばあさんが主人公の話を書いた理由は

「おばあさんって物語の中では脇役になることが多くて、主人公になることがほとんどないんですよね。1つくらい、そんな小説があっても面白いんじゃないかな、と思って書き始めたんです」

 芥川賞・文藝賞ダブル受賞作『おらおらでひとりいぐも』(河出書房新社)の作者・若竹千佐子さんは、この本を書いたきっかけをこう語る。

 年を取って当事者にならないとなかなか気づかないことがある。老人と子どもは地続きで、さまざまな“いま”を積み重ねて行った先に年寄りがいるのだと。でも “年寄り”の衣をまとった瞬間に、世の中は最初から年を取っていたかのように接し始める。ものごとを切り盛りしたことも、好奇心もなく、恋すらしたことのないように。

『おらおらでひとりいぐも』は、夫・周造に先立たれ、東京郊外の一戸建てで1人暮らす75歳の桃子さんの物語。図書館で地球創世から46億年の歴史を調べることを趣味とし、病院に通い、脳内の声と会話する桃子さんは、過去の自分と向き会うことで孤独の先に新しい世界を見い出していく。

 原作者の若竹さんは、55歳で夫を亡くし、息子さんの勧めで小説講座に通い、63歳で本作を執筆、作家デビューを果たした。物語には、東北出身であること、30歳で上京し、夫と出会い、結婚したが若くして死別するなど実体験に近い出来事も描かれている。

 映画版では、そんな桃子を役よりかなり若い65歳の田中裕子が演じる。桃子の脳内の声である「寂しさ1」「寂しさ2」「寂しさ3」は濱田岳、青木崇高、宮藤官九郎。若き日の桃子は蒼井優、その夫・周造は東出昌大だ。演出・脚本は、『南極料理人』(2009)、『横道世之介』(2013)、『モリのいる場所』(2018)の沖田修一監督が務めた。