料理・グルメ

1日1個で“医者いらず”! 超簡単なリンゴのおかず&スイーツレシピ2選

著者:和栗 恵

タグ: , , ,

秋から冬が旬の栄養豊富なリンゴ(写真はイメージ)【写真:写真AC】
秋から冬が旬の栄養豊富なリンゴ(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 古くから「1日1個のリンゴは、医者の仕事を奪う」と言われているそう。実際にそれを証明するような研究も行われており、その健康効果には常に注目が集まっています。1年中、手に入れることができるイメージですが、実は秋から冬が旬。せっかくなら皮を剥いて食べるだけではなく、ひと手間かけたおいしいリンゴ料理のレパートリーを増やしてみましょう!

 ◇ ◇ ◇

シャキシャキ食感と爽やかな香りがクセになる!

皮ごとシャキシャキ! 生のリンゴがたっぷり【写真:和栗恵】
皮ごとシャキシャキ! 生のリンゴがたっぷり【写真:和栗恵】

 リンゴの中で最も栄養があるとされるのが、ポリフェノールの一種で赤く染まった皮の部分。リンゴポリフェノールは、皮膚の老化を抑制する効果が日本抗加齢医学会総会で発表されたため、美容に敏感な女性たちの注目を集めています。そんな皮の部分までおいしく食べられる、さっぱりとした味わいのサラダをご紹介します。


〇リンゴとカブのアッサリサラダ
【材料】(2人前)
リンゴ     2個
カブ      2個
サニーレタス  3枚
オリーブオイル 大さじ2
粉チーズ    大さじ1
塩       小さじ1/3
黒コショウ  少々

【作り方】
1、リンゴは皮つきのまま、サッと洗って6等分にする。芯を取り除き、薄くスライスする
2、カブは皮を剥き、4等分にして、リンゴと同じくらいの薄さになるようスライスする
3、ボウルにリンゴとカブを入れ、オリーブオイル、塩、黒コショウを回しかけ、よく混ぜ合わせる
4、サニーレタスは水けを良く切っておき、1枚は千切りにする。残りはそのまま皿に盛りつける
5、4で千切りにしたサニーレタスを2に混ぜ、バランス良くお皿に盛り付ける