インタビュー

聴いていると眠くなる…「睡眠導入朗読」動画で話題の元NHKキャスターが語るその理由

著者:中塚 真希子

タグ: , , , ,

しまえりこさん【写真:楢崎豊】
しまえりこさん【写真:楢崎豊】

「どんな自然音よりもよく眠れる」「最後まで聴きたいのに、いつも眠ってしまって何度聴いても結末が分からない」――。“びっくりするほど眠れる”というYouTubeの朗読チャンネルが今、話題となっています。多くの人が不安やストレスを抱えている新型コロナウイルス禍の中で、動画の再生回数やチャンネル登録者数も伸びているそう。朗読をしているのは、元NHKキャスター・しまえりこさん。睡眠導入朗読を始めたきっかけや“眠らせる”声の秘密まで、たっぷりお話を伺いました。

 ◇ ◇ ◇

元NHKキャスターのしまえりこさん 「YouTubeって若い人がやるものじゃないの!?」と思っていた

 笑顔がとてもチャーミングなしまさん。元NHKキャスターだけあって、明朗で落ち着いた話し方も魅力的です。まず、YouTubeを始めたきっかけを教えてください!

「私、自分の声で何かを届けるお仕事が大好きで。けれどここ数年は、夫の転勤や子どもの世話もあって、あまり外に出て働ける環境ではなかったんです。そんな時、友人が『YouTubeをやってみたら?』と勧めてくれて。最初は、『YouTubeって、若い人がやるものじゃないの!?』と思っていたんですが……」

 持ち前の好奇心、そして「自分の声で何かを届けたい」という強い思いから、2019年6月にYouTubeデビュー。「しまえりこの絵本読み聞かせチャンネル」を開設しました。

「最初は、子どもと一緒に紙芝居から始めたんです。これなら、子どもがいる時間も収録できるし、教育にも良いし、と思って。だけど徐々に、私がYouTubeを始めたのは子どものためじゃなかったよね、と思うように」

 自分が本当にやりたいことって、何だろう――。そう考えた時、しまさんが思い出したのは数年前、ご主人の転勤で行っていた広島での経験でした。

「当時行っていた、朗読教室がすごく良かったんです。外に出ないでも、どんな国にも行けるし、性別や国籍を超えて、誰にでもなれる。朗読は誰かに読み聞かせるものですが、自分自身も楽しめるもの。それを思い出して、また朗読がしたいなと思いました」

学生時代に友達に言われた「あなたの声を聞くと、眠れるの」

 こうして「夢を叶えた女性たち」「耳で楽しむ偉人伝」などのシリーズをYouTubeで配信するようになり、朗読する読み物の幅を広げていったしまさん。そんな中で始めたのが、「睡眠導入」の朗読でした。

「“睡眠導入”シリーズを始めたのは、2つ理由がありました。1つは、子どもが寝た後の時間を活用するため。夜だとそんなに声は張れず、静かなトーンになるので、寝る前に聞いていただく朗読にはぴったりじゃないかな、って。

 もう1つは、自分の声の質を活かすためでした。私は大学時代、深夜に友達から『眠れないから何か話して』『あなたの声を聞くと眠れるの』と電話をもらうことが多かったんです(笑)。

 私の声は元々バーンと張っているタイプではなく、どちらかというと、こもったタイプ。それがコンプレックスだったこともありましたが、逆にそれを活かせたら素敵だなって思いました。40歳を過ぎた頃から、『もっとこうなりたい』と欲しがりすぎたり、『まだまだ足りない』と自分にダメ出ししたりするのはやめて、今の自分にできることを一生懸命しようと思えるようになったんです。そんな思いも、“睡眠導入”の朗読へと後押ししてくれました」