暮らし

府中の神様・みよこ先生のプチ風水&お掃除術~寝室編 嫌なことがあった日は午前0時までに眠ろう!

著者:みよこ先生

タグ: ,

いい睡眠は運気アップにもつながる! 寝室の掃除で大切なこととは(写真はイメージ)【写真:写真AC】
いい睡眠は運気アップにもつながる! 寝室の掃除で大切なこととは(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 日々の暮らしに取り入れるだけで、毎日がハッピーに♪ そんなオリジナル風水で人気のみよこ先生は、「府中の神様」や「フューチャーリーダー」などと呼ばれ、雑誌の連載や全国各地のセミナーで大活躍。この連載では、みよこ先生から毎日をハッピーに導くお掃除のコツや、気軽に実践できるプチ風水を教わります。第11回のテーマは「寝室」。みよこ先生いわく、「私たちの運気は、寝ている間に整えられます」。そのため、寝室をお掃除すると運気全般がアップするそうですよ!

 ◇ ◇ ◇

眠ることで運気は毎晩リセットされる

“寝る子は育つ”と言いますが、本当にその通り! いい睡眠が取れれば健康になれるし、お仕事だって頑張れる。そんな意味で寝室は、健康運や仕事運に絡んでいます。

 私としてはそれだけではなく、寝室は全体運に深く絡む、大切なお部屋だと思っています。というのも、私たちの運気は寝ている間に整えられるからです。

 例えば、嫌なことがあった日。私は必ず午前0時までに眠るよう、皆さんにおすすめしています。それは、眠ることで運気がリセットされるから。“その日の悪運、その日のうちに”ではありませんが(笑)、嫌なことがあったら、その日が終わる前に運気のリセットをかける。すると翌日は悪運を引きずらず、新たな一日を始められるのです。

 また、私たちが眠っている間、潜在意識は活発に動きます。そして私たちの願いを叶える方向へと、運気を後押ししてくれます。「こんな人と結婚したい!」と思っている女性がいたとしたら、眠っている間に彼女と理想の相手を運命の赤い糸で結んでくれる――。そんなイメージかしら。

 悪運をシャットアウトしたり、自分の願う方向へと運気を向けてくれたり。全体運を上げるためには、ぐっすり眠れる寝室作りが欠かせないのです。

布団の湿気には部屋の気をよどませる危険性が

寝室は掃除だけでなく、布団の手入れにも配慮を(写真はイメージ)【写真:写真AC】
寝室は掃除だけでなく、布団の手入れにも配慮を(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 寝室はお布団のせいで、ホコリが溜まりやすい場所です。何度もお伝えしていますが、ホコリは邪気を絡め取り運気を停滞させる原因を作るので、まめに掃除をしてください。

 特に、ベッド下のホコリには注意しましょう。寝ている間に、そのホコリから立ち上る悪い気を受けては、運気ダウンを招きます。掃除機をかける、もしくは転がすタイプの粘着クリーナーなどを使って、しっかりホコリを取ってくださいね。

 また、じめじめした湿気の多い場所も、気がよどみやすくなるもの。お布団は毎日上げて、敷きっぱなしにしないことです。ベッドもこまめにマットを上げるなどして、布団の中の空気を入れ替えたり、湿気を逃したりしてください。

 一晩寝て起きた後、布団をめくりもせずにそのままベッドメイクをしてしまうのは、一番良くないパターンかなと思います。

 そして、布類は良くない気をまといやすいものです。寝室にいい気を運んで来てもらえるよう、1週間に1回はシーツや布団カバーなどを洗い、悪い気をはらいましょう。ちなみにこれは、愛情運アップにも効果があるので、片思い中の女性はぜひ実行してみてくださいね(笑)