インタビュー

本格的な冬到来 イケメンキックボクサーが愛猫3匹のために取る「防寒対策」

著者:Hint-Pot編集部・佐藤 直子

タグ: , ,

ルナちゃんを抱っこする小笠原選手。背後にはキャットタワーとヒメちゃんが【写真提供:小笠原瑛作】
ルナちゃんを抱っこする小笠原選手。背後にはキャットタワーとヒメちゃんが【写真提供:小笠原瑛作】

 2021年最初の試合が、1月11日に行われる「REBELS ~New Year Festival~」での松岡宏宜戦に決まったプロキックボクサーの小笠原瑛作選手。3月に開催予定の実兄・裕典選手との兄弟対決の前にリングに上がり、決戦に向けて調整を進めていきます。そんな瑛作選手がホッと一息つけるのが、自宅で15歳の「レオン」くん、2歳の「ヒメ」ちゃん、1歳の「ルナ」ちゃんの愛猫3匹と戯れる時。最近は、高齢となったレオンくんに甘くなってしまうという瑛作選手と、愛猫たちの様子をお届けする「ねこ通信」。11回目の今回は「寒さ対策」です。

 ◇ ◇ ◇

昨冬は猫たちが体調不良に モコモコキャットタワーを新調

 12月に入り、日本列島には厳しい寒波が襲来。北海道、東北、北陸などの各地は、大雪に見舞われました。瑛作選手と3匹の猫が暮らす東京も、最高気温が1桁台の日々が続き、本格的な冬が到来。「The Ogasawara Family and three cats」でもおなじみ、レオンくん、ヒメちゃん、ルナちゃんはどんな様子なのでしょうか。

「今年は寒い日が続くので、エアコンをつけっぱなしにして部屋を暖めています」

 それというのも、昨年の冬、瑛作選手がタイへキックボクシングの修行に出かけている間、レオンくんとヒメちゃんが体調を崩してしまった反省からだといいます。

「僕がタイに行っている間に、レオンとヒメが寒くて風邪をひいたのか、体調を崩してごはんを全然食べなくなってしまったそうなんです。水もあまり飲まなくなってしまったので、父が病院に連れていき、点滴をしてもらって、ようやく回復してきたことがありました。

 昨年はヒメとルナが家に来て初めての冬でした。実はレオンだけだった時は、そこまで寒さを気にしたことがなく、家に誰もいない時は暖房を切っていたんですね。でも、考えてみたら猫だって寒い時は寒い。それで体調を崩したのかもしれないということで、今年はずっとエアコンをつけたままにしています」

 光熱費がかさむ心配もありますが、やはり大事な猫に健康でいてほしいことが第一優先。小笠原家では家の中を常に暖めておく選択をしたそうです。エアコンをつけっぱなしにすると空気が乾燥してしまうので、加湿器も2台つけて湿度調整も万全にしています。

 また、この冬は新アイテムも登場。これまで愛用してきたキャットタワーに加え、もう1台、モコモコの暖かそうな生地でデコレーションされたキャットタワーが導入されました。これが猫たちに大好評。

 高い場所が好きではなく、あまりキャットタワーに上らなかったレオンくんも、モコモコのキャットタワーだったらボックス部分にスッポリ入っていることもあるとか。「父が買ったんですけど、なかなか良い買い物をしたと思います」と瑛作選手は笑います。