料理・グルメ

おとりよせスイーツ歳時記・1月 年明けを彩る華やかな和菓子 早々に完売する人気商品も!

著者:中塚 真希子

タグ: ,

紅白の梅が新年を華やかに彩る、伝統のもなか「福梅」

加賀藩主・前田家の家紋“剣梅鉢”に由来する梅をモチーフにした、古典的名菓「福梅」【写真提供:森八】
加賀藩主・前田家の家紋“剣梅鉢”に由来する梅をモチーフにした、古典的名菓「福梅」【写真提供:森八】

 390年の伝統を誇る金沢の和菓子店「森八」。加賀藩主・前田家の家紋に由来する梅をモチーフにしたもなか「福梅」は、藩政時代後期から数百年も作り続けられているそう。昔ながらの製法で作られるため、皮は一般のもなかよりも厚く硬めに焼き上げられています。また、米飴を加えて炊き上げられた「福梅餡(黒小倉餡)」は濃厚でコシが強く、もっちり! 1つ食べただけでも大満足できちゃいます。

 梅は寒い時期にも花を咲かせることから、昔から縁起がいいとされている花。そんなおめでたいもなかをいただけば、おいしい上に幸運まで引き寄せられそう。ちなみにこちらは毎年1月10日頃に完売してしまうほどの人気商品。気になる人はオンラインショップへ急いで。

「福梅」(10個入り)
価格:1782円(税込)
賞味期限:約15日(常温)
販売期間:11月末~1月初旬
購入:森八オンラインショップ

見るだけで心が温かくなる、雪国発のお干菓子「新潟雪だるま」

パッケージのマフラーは赤と青から希望の色が選べます【写真提供:越乃雪本舗大和屋】
パッケージのマフラーは赤と青から希望の色が選べます【写真提供:越乃雪本舗大和屋】

 かわいいものは見ているだけでほっこりと幸せな気持ちになりますよね。まさにそれを実感できる和菓子を発見。1778年創業の和菓子屋「越乃雪本舗大和屋」の「新潟雪だるま」は、パッケージからして見る人の心をメロメロにするかわいらしさ!

 中にいるお茶目な表情の雪だるまたちは、メレンゲやホワイトチョコレートを使って仕上げられた“淡雪”というお干菓子。ですが、噛むとカリッと砕け、口の中で解けていく感覚は、何とも儚くてまさに雪のよう。ほんのり香るレモンの風味も素敵です。新たな年の始まりは、かわいいお干菓子を目と口で楽しんで、幸せをチャージしちゃいましょう♪

「新潟雪だるま」(6個入り)
価格:799円(税込)
日持ち:60日(常温)
販売期間:冬期間
購入:越乃雪本舗大和屋オンラインショップ