暮らし

鏡に黄色のテープで八角形を描けば金運アップ! みよこ先生のインテリア風水~鏡の置き方

著者:みよこ先生

タグ: ,

メイクや身だしなみチェックに欠かせない鏡。少しの工夫で運気アップにつながるかも?(写真はイメージ)【写真:写真AC】
メイクや身だしなみチェックに欠かせない鏡。少しの工夫で運気アップにつながるかも?(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 気軽に実践できるオリジナル風水で人気のみよこ先生は「府中の神様」などと呼ばれ、雑誌の連載や全国各地のセミナーで活躍中です。そんなみよこ先生の大好評連載が新章に突入! 2回目のテーマは「運気を引き上げる鏡の飾り方」です。置く場所をちょっとずらすだけで、あなたの強運ルーレットは勢い良く回り出すかも……!

 ◇ ◇ ◇

1日1回鏡を覗くだけで、運気の軌道修正ができる!

 みよこ流では、運気を上げるための基本テクニックとして、1日に何回かは鏡で自分の顔をしっかり見つめることをおすすめしています。

 例えば、元気がない時に自分の顔を鏡で見て「これじゃダメだ!」と気合を入れ直したことはありませんか? きれいにお化粧をして鏡の前に立つことで、「今日の私、とっても素敵!」と、自信を持って勝負の場に臨んだ経験がある人も少なくないはずです。

 鏡に自分を映すことで内面を見つめ直す機会をもらったり、時には自信をもらったり。心の状態は必ず顔に現れます。それをチェックすることで、運気の軌道修正ができるんですよ。

 また、鏡は風水的にとても強い力を持つアイテム。置く位置を変えるだけでも、その用途はどんどん変わっていきます。欲しい運気を司る方角に鏡を置き、その気を受けた鏡に自分を映し出せば、パワーをいただけるのです。その方向とは、この連載でも何度かお伝えしている“方角が司る運気”。ざっくりおさらいをすると、東は仕事、西は金運。南は愛情で、北は人間関係運です。

「今日は本命のお相手とデート!」といった日は、ぜひ南に鏡を置いて、とびきりおしゃれした姿を映し出してください。きっとその恋は素敵な展開を迎えるはずですよ。逆に、欲しい運気の方向に鏡を向けてはいけません。せっかく入ってこようとした気を反射してはね除けてしまいますからね。