暮らし

ロマンありすぎ! 砂漠に布団を敷いて寝るインドツアー体験漫画が話題 「めちゃくちゃ行きたい」

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

漫画のワンシーン。1泊2日の砂漠ツアーはどんな展開に……【画像提供:低橋(@hikuhashi02)さん】
漫画のワンシーン。1泊2日の砂漠ツアーはどんな展開に……【画像提供:低橋(@hikuhashi02)さん】

 海外旅行の醍醐味とは、日本ではできない体験にあります。いつもと違う場所&人々との出会いは、知的好奇心や探究心を大いに刺激してくれるものです。とはいえ、現在はコロナ禍。海外旅行ファンを始めあらゆる層にとってつらい日々が続く中、ツイッターに投稿された「インド砂漠ツアー」の実録漫画が話題を呼んでいます。作者の低橋(@hikuhashi02)さんにお話を伺いました。

 ◇ ◇ ◇

映画『ハムナプトラ』シリーズで衝撃的な印象を残す「スカラベ」が…!

 世界中を旅した経験を実録漫画としてツイッターで発表し、昨年3月には書籍「旅のオチが見つからないおひとりさまのズタボロ世界一周!」(KADOKAWA刊)も出版した低橋さん。今回は2018年にインド西部の砂漠地帯で参加したツアー「キャメルサファリ」の思い出を漫画にしました。

 このツアーは現地のオプショナルツアーとして催行され、ラクダに乗って砂漠へ行くというもの。夕方に出発して砂漠で1泊した後、翌朝に戻るスケジュールです。現地の人がラクダの鞍を準備してからいざ出発! 砂を踏むラクダが残すかわいい足跡に注目しつつ1時間ほどその背で揺られていると、当日の野営地に到着しました。

 そこには「何かの骨」や映画『ハムナプトラ』シリーズで衝撃的な印象を残す「スカラベ」(フンコロガシ)などなどが転がっていたそう。否応なしに“砂漠気分”が盛り上がる中、ガイドさんが作ってくれた夕食(インドなので無論カレー)もとてもおいしかったそうです。ただし「虫が来る」という理由で電気が消されたため「闇の晩餐会」に。もしかして、映画のようにスカラベの襲撃があるのでしょうか……?

 夕食後に少しだけキャンプファイヤーを楽しんだ後は、ややハードモードに。ベッドとして案内された場所には何と、砂漠の上に直接布団が敷かれていたそうです。低橋さんもこれを「見た目はどうかしている」と表現。うん、分かります。想像しただけでもとってもシュールな情景ですよね。

 とはいえ、「砂漠布団」は柔らかく、寝心地はよかったそうです。ほどなくして眠りに落ちると、砂漠は本格的な夜に。風が吹く中、煽られた砂で布団がどんどん埋まっていったらしく、朝に起床すると耳から砂が出てきたものの、意外にもよく眠れたそうです。ちなみに、ガイドさんたちも半分砂に埋もれつつ「ぐっすり快眠のご様子」だったとのこと。スカラベの襲撃がなくて本当に良かったです!

 最後は温かいチャイ(インド式ミルクティー)と朝食をいただいてツアーは終了。全身が砂にまみれ、頻繁にスカラベが現れる1泊2日でしたが「楽しいツアーだった」と締めくくられています。読むとやはり「旅っていいなぁ」と思う内容。以前は当たり前に出かけていた海外旅行が、今となっては本当に貴重な体験だったことも実感できるでしょう。

 読者もあらゆる面でこの漫画に反応し、現在は約1.3万の「いいね」が付く大反響を呼んでいます。「このツアー自分も行きました」という同志や、スカラベに注目する人などからもコメントが寄せられていました。