健康・美

医療関係者109人が答えた“プライベートのマスク”は? 勤務時はサージカルマスクが過半数

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

見た目や性能もさまざまなマスク。選び方のポイントは?(写真はイメージ)【写真:写真AC】
見た目や性能もさまざまなマスク。選び方のポイントは?(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 皆さんは普段、どのようなマスクを使用していますか? 不織布マスクや布マスク、ウレタンマスクなど、人によってさまざまですよね。マスクの性能に関する情報もたくさん耳にしていると、マスク選びに迷ってしまうこともあるでしょう。そこで、医療関係者109人が回答したアンケートを参考にしてみましょう。

 ◇ ◇ ◇

プライベートではドラッグストアなどで購入できる不織布マスクが6割超

 株式会社木曽檜三百年は2020年12月、東京・埼玉・千葉・神奈川に在住する医療関係者(医師・看護師・准看護師・薬剤師・保健師・救急救命士)109人を対象に、「マスクを選ぶ基準」に関するアンケート調査を実施しました。

 まず、勤務時とプライベートで着けているマスクについて尋ねたところ、以下の結果になりました(いずれも複数選択可)。

【医療関係者109人が勤務時に着けているマスク】
1位 「サージカルマスク」(52.3%)
2位 「不織布マスク(プリーツ型)」(50.5%)
3位 「不織布マスク(立体型)」(13.8%)

 サージカルマスクは主に医療用としてコロナ禍以前から医療現場で使用されており、素材は不織布ですが家庭用の不織布マスクよりもフィルターの目が細かいなどの特徴があります。効果も高いことから、やはり利用率は高いようです。

【医療関係者109人が勤務以外/プライベートで着けているマスク】
1位 「不織布マスク(プリーツ型)」(66.1%)
2位 「布マスク」(22.0%)
3位 「サージカルマスク」(21.1%)

 一方で、勤務以外とプライベートでは、ドラッグストアやスーパーなどでも購入できる不織布マスク(プリーツ型)が多い結果となりました。