動物・レジャー

登山女子が描いた漫画が大反響 世界2位の山の過酷さに恐怖「どれだけすごいか思い知った」

著者:Hint-Pot編集部

タグ:

漫画のワンシーン。世界の山について調べてみると、衝撃の事実が判明!?【画像提供:ソリストちゃん(@camp_soliste)さん】
漫画のワンシーン。世界の山について調べてみると、衝撃の事実が判明!?【画像提供:ソリストちゃん(@camp_soliste)さん】

 世界で一番高い山はエベレスト。では、2番目に高い山は? ……と質問されて分からない人も多いのではないでしょうか。火山地と丘陵を含めて国土の75%が山地の日本では山をとても身近なものに感じますが、世界の山については知らないことが多いようです。「エベレストの次に高い山何気なく調べたら怖すぎて寝られなくなった」という女性が描いた漫画が話題になっています。作者のソリストちゃん(@camp_soliste)さんに話を伺いました。

 ◇ ◇ ◇

何気なく調べていたら…背筋も凍る過酷さを漫画に

 ソロキャンプを始めて3年という作者さん。かねてからキャンプや登山での体験を描いた漫画をツイッターで発表し、人気を集めています。そんな作者さんが最近知ったのが、ネパール人登山家が世界で2番目に高い山K2(ケイツー)の冬季登頂に世界で初めて成功したというニュース。その偉業はどれほど大変なことなのか、何気なく調べてみたそうです。

 K2は標高8611メートル。しかし、登頂の難しさでは8849メートルのエベレストを超えて世界最難関とも言われています。死亡率は26%とエベレストの4倍以上、気温はマイナス60度、風は時速200キロと新幹線並みの速さ……。作者さんはこの過酷すぎる状況を漫画で分かりやすく説明してみることにしました。

 こうして世界レベルの山の厳しさを知った作者さんでしたが、最後に何気なく「世界一死者数の多い山」を調べてみたそう。すると、意外なことにその山は日本にあったのです。それは群馬と新潟の県境にある標高1977メートルの谷川岳。日本百名山の1つに数えられる美しい山でありながら、その急峻さで日本三大急登にも選出されおり、遭難死者はギネス世界記録に認定されているそう。

 意外すぎるオチの漫画は大反響。「そんな近くに世界一がっ」「登山しないからよく分からなかったんですけど、3枚目の過酷さを読んでどれだけすごいことを成し遂げたのか思い知りました」など、さまざまな驚きの声が。また、「簡単安全ルートもあるので、そっちなら大丈夫ですよー」など、谷川岳の魅力を伝えるコメントも目立ちました。