暮らし

レジでの“あるある”漫画に共感の声 芸術的なカゴ詰めをした男性店員のその後は

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

漫画のワンシーン【画像提供:山葵とうふう(@tohu4563)さん】
漫画のワンシーン【画像提供:山葵とうふう(@tohu4563)さん】

 細長い物や丸い物もあれば、柔らかい物や重い物……スーパーマーケットの商品は形状がさまざま。それでも大抵の店員さんは、会計時にレジを打ちながらカゴにすいすいと詰めていってくれます。そんな見慣れた光景ですが、ちょっと視点を変えてみると面白い発見があるかも? これまで見たことがないほどきれいにカゴ詰めしてくれた店員さんに驚いた、という漫画が話題になっています。作者の山葵とうふう(@tohu4563)さんに話を伺いました。

 ◇ ◇ ◇

敷き詰めるために一度入れた商品を取り出すこだわりぶり

 とうふうさんは、ブログ「とうふう絵日記~マイペース夫と3人子育て~」やツイッターで絵日記(エッセイ漫画)を発信して10年。ちょっぴり変わり者だというご主人&3人の子どもたちとのにぎやかな生活や、日常の何気ない発見をコミカルに描いています。

 今回話題になったのは、スーパーマーケットでの一幕。ある日とうふうさんは、初めて見る男性店員さんがいるレジに並んだそうです。いつも通り精算する商品をカゴに詰めてもらっていましたが、ふと店員さんの手元に注目しました。

 その店員さんはまるでパズルゲームのように、空いた隙間に商品をぴったりと詰めていきます。とうふうさんが気になって観察を続けたところ、ぴっちりと敷き詰めるために一度入れた商品を取り出して入れ直すこだわりぶり。

 会計を終えた時には「ちょっとした作品」レベルに仕上がっていたのだとか。その一方で、実は時間もそれなりにかかったそう。店員さんを微笑ましく見ていたとうふうさんでしたが、美しく詰められたカゴの中の商品をマイバックに詰め替えながら、「せっかちな客に怒られる未来も見えてしまってめっちゃ心配……」と、店員さんの行く末が気になってしまったのでした。

 この漫画に対し、お客と店員、双方の立場から共感の声が殺到。何と9.8万件もの“いいね”が集まりました。また「いるいる、芸術性を求めるタイプ」「めっちゃ分かります!! 私もスーパーのレジバイトしてたのでいかに早くきれいにカゴに入れられるか考えてました(笑)」「これカゴにはめるタイプのマイバッグだとすっごい助かるやつや……」など、たくさんのコメントも寄せられています。