動物・レジャー

「詰んだ」とこぼす小4男児に13万人が共感 膝の上にいるのは…「愛の重さですな」

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

総重量は12キロ。話題となったMariaさんの三男と2匹の愛猫、手前がブランくん、奥が小次郎くん【写真提供:Maria cat mam(@mariamam1116)さん】
総重量は12キロ。話題となったMariaさんの三男と2匹の愛猫、手前がブランくん、奥が小次郎くん【写真提供:Maria cat mam(@mariamam1116)さん】

 気まぐれなねこが体の上にのってくると、本当にかわいいですよね。身動きが取れず困ってしまうのですが、それでもやっぱりうれしさが勝ります。そんな不条理に10歳で気付いた少年とシャム猫ミックス2匹の姿が、ツイッターで13万件超の“いいね”を集める大反響を呼んでいます。少年のお母さん&猫の飼い主のMaria cat mam(@mariamam1116)さんに話を伺いました。

 ◇ ◇ ◇

生まれてすぐからねこたちに囲まれて育ったMariaさんの三男

「ふたりが膝に乗ってしまい動けなくなった三男が『詰んだ』とこぼしていたw」

……というメッセージともに投稿された1枚の写真。写っているのは、小学4年生のMariaさんの息子さんと1歳の愛猫「ブラン」くん&「小次郎」くんです。息子さんはこの状況を楽しんでいるのか、「詰んだ」と言っている割には手枕をしてどこか余裕も見えるご様子。

 それもそのはず。こう見えて息子さんは猫飼い歴10年の大ベテラン。生まれたすぐ後からねこたちと一緒に暮らしてきたため、ねこのいる状況が日常になっているようです。

「ねこたちも息子が“無害な男の子”だと思って、のびのびと接しています」とMariaさん。実は現在、ご自宅には10匹のねこちゃんたちがいます。最年長はキジトラの「チャロ」さん。そして父ねこ「エル」くんと母ねこ「マリ」ちゃん、その息子である小次郎くんのご一家。さらに母ねこ「海」ちゃんとその子どもたち、「凪」ちゃんと「モエ」くん、「ニコラ」くん、「ルイ」くん、ブランくんがいます(全頭、避妊去勢済み)。

 子どものねこたちはみんな、Mariaさんの元で生まれました。一方で親ねこたちは、知人からの引き取りや、里親募集サイトを通して他県までお迎えに行った子も。さまざまなご縁があり、今ではとてもにぎやかなファミリーとして日々楽しく暮らしています。