料理・グルメ

トマトの栄養を丸ごと! ひき肉を使った簡単・時短パスタ

著者:和栗 恵

タグ: , , ,

【写真:和栗恵】
【写真:和栗恵】

 トマトは低カロリーでありながら、栄養が豊富な万能野菜の1つ。美肌効果や風邪予防に役立つビタミンC、アンチエイジングに効果があるとされるビタミンE、体内の塩分の排出を手助けするカリウム、抗酸化作用を持つリコピンなど、栄養成分がたっぷり。そろそろトマトがおいしくなってくる季節。簡単パスタで積極的に食べて、若々しい身体を目指してみましょう。

 ◇ ◇ ◇

2回に分けてトマトを入れれば、おいしさ&栄養が一石二鳥!

 このパスタで大切なポイントは2点。1つ目は完熟したトマトを使うこと。そして2つ目は、トマトを2度に分けて入れることです。

 トマトを分けて入れるのは、ビタミンなどの栄養素が熱で壊れやすいため。一方、トマトにふんだんに含まれるリコピンは加熱に強く、油分を合わせることで吸収率が高まります。おいしさ、そしてトマトの栄養を余すところなくいただくために、このひと手間を忘れないようにしてください。

○トマトとひき肉のパスタ

【材料】2人前
スパゲティ(乾麺)  200~240g
完熟トマト       2個
牛豚合いびき肉     100g
玉ネギ         1/2個
ニンニク        2片
鷹の爪(乾燥・輪切り) 少々
乾燥オレガノ      少々
塩           小さじ2
黒コショウ       少々
オリーブオイル     50ml
パセリ(飾り用)    適宜

【作り方】
1、玉ネギとニンニクはみじん切りに。トマトは一口大程度のざく切りにする
2、たっぷりの水をパスタ鍋に入れて火にかけ、沸騰したら塩大さじ山盛り1杯(分量外)を加え、パスタを茹でる
3、フライパンにオリーブオイルを入れ、ニンニクと鷹の爪を入れて弱火にかける
4、ニンニクの香りが立ってきたら強めの中火にし、玉ネギとトマトの半量を入れて炒める
5、玉ネギが透き通ってきたら、合いびき肉を加えてさらに炒める
6、トマトがクタッとしたら、パスタを茹でている鍋からおたまに半分くらいの茹で汁を取り、5に加えてよく混ぜる
7、パスタの茹で上がり1分前になったら弱火にし、残りのトマトと乾燥オレガノを入れ、混ぜ合わせて軽く火を通す。味見をし、塩コショウで味を調える
8、茹で上がったパスタを、よく汁気を切って7に絡めたら完成。器に盛り付け、彩りでパセリなどを飾る

 6の行程で茹で汁を加えるのは、トマトから出た水分とオリーブオイルとがよく混ざり合うよう「乳化」させるため。乳化させることで味わいがグッと深まります。また、茹で汁の塩気が具材にしみ込みおいしさも増します。

 上に飾るグリーンは、今回のパセリ以外に青ジソや小ネギなどもOK。お好みの野菜を添えてみてください。

(和栗 恵)