インタビュー

【私の家族】俳優・川上麻衣子 愛猫たちから学んだ55歳の死生観 年間300匹の猫と里親を結び付ける保護猫活動も

著者:中野 裕子

タグ:

川上麻衣子さんと愛猫ココロちゃん【写真:山口比佐夫】
川上麻衣子さんと愛猫ココロちゃん【写真:山口比佐夫】

 ドラマ「3年B組金八先生」(TBS系)や映画『でべそ』、バラエティ番組「志村X」(フジテレビ系)のコントなど、女優としてさまざまな顔を見せてきた川上麻衣子さん。猫エッセイ「彼の彼女と私の538日 猫からはじまる幸せのカタチ」(竹書房刊)を上梓するなど愛猫家としても知られる。そんな川上さんは、3年前に「一般社団法人ねこと今日」を設立。代表理事として猫に関する情報発信などをはじめ、ますます“猫活動”に拍車がかかっているようだ。川上さんを動かしているものは何なのか。詳しい話を聞いた。

 ◇ ◇ ◇

withコロナ時代における猫との暮らし方…猫に関する知識をオンライン授業で発信

「一般社団法人ねこと今日」の活動は、人と猫との心地よい暮らしの提案を目的とした、猫に関する情報発信や商品開発です。具体的には、ボランティア団体「しあわせにゃんこ」が行っている保護猫譲渡会のお手伝いや飼い主のためのアカデミー、イベントなどを企画・実施しています。

 譲渡会は私が東京都台東区谷中に借りているイベントスペースを提供し、2020年1月に月2回ペースでスタートしました。開始早々、新型コロナウイルス感染症の拡大という事態に直面し、中止を余儀なくされた時も。それでも、昨年1年間で約300匹の猫と里親を結び付けたんですよ。

 アカデミーは獣医さんたち6人を講師に招き、オンラインで行っています。200ページ超の教科書を作成して、猫の生態や体調の把握方法、withコロナ時代における猫との暮らし方など専門的な内容を学んでいただいています。

 コロナは猫たちにも影響を与えています。子猫が増えていますね。理由は、昨年の緊急事態宣言時に消毒液が不足し、猫の避妊や去勢手術用に回らなくなったため繁殖が増えたから、とも聞きます。

 また、家にいる時間が長くなり、犬や猫と暮らし始める人が増えています。最近は猫にも高齢化での介護や看病の必要性が生じてきていますが、「思っていたのと違う」などと安易に捨てることなく、最期の看取りまできちんと一緒に過ごす覚悟をしてほしいですね。コロナ禍がきっかけでも、動物とご縁ができるのは良いこと。猫は一緒にいると魅力に引き込まれると思います。