動物・レジャー

「ガーゼ取り忘れミスも謝罪なし」「夜通しの処置に感謝」…動物病院と犬の微妙な関係

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

病院嫌いの犬はやはり多数?(写真はイメージ)【写真:写真AC】
病院嫌いの犬はやはり多数?(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 ペットを飼っている人にとって、動物病院とのお付き合いは重要。検診や予防接種の機会などから相談しやすい関係を作っておくと、何かあった時にも安心ですよね。とはいえ、「病院大好き!」というペットは少ないもの。そこで今回は犬の飼い主さんを対象にした調査から、通っている頻度や動物病院を選ぶ基準、実際にあったトラブルや医療ミスなどについて探ってみましょう。

 ◇ ◇ ◇

動物病院嫌いなわんちゃんが大多数? 「来院を断固拒否」「足取りが重くなる」

 株式会社PLAN-Bが運営するINUNAVI(いぬなび)は2021年5月、動物病院に関する調査を実施しました。対象は10~60代で犬を飼っている(飼っていた)全国の476人です。まず、動物病院を利用する頻度を尋ねる設問から見てみましょう。

【動物病院を利用する頻度】
1位「半年に1回くらい」126人
2位「3週間~1か月に1回くらい」104人
2位「2か月~3か月に1回くらい」104人
4位「1年に1回くらい」63人

 少なくとも半年以内に1回以上の頻度で通っている人が多いようです。その目的を尋ねる設問では、「狂犬病ワクチンや混合ワクチン接種」(34.0%)が1位に。犬は年に1度のワクチン接種が推進されていることからも、納得の結果ですね。次いで「調子が悪い時」(26.9%)、「定期健診」(17.4%)と続きました。

 そこで気になるのは、犬が動物病院をどう思っているのかということ。やはり「嫌いだと思う」が70.0%と圧倒的でした。この結果には納得ですが、一体なぜ犬は動物病院を嫌うのでしょう? 自由回答で「嫌いだと思う」理由を聞いたところ、以下の声が寄せられました。

【わんちゃんが動物病院を嫌いだと思う理由】
「病院の前で踏ん張って来院を断固拒否しているため」(女性・30代)
「病院に近付くにつれて足取りが重くなり、病院が見えた瞬間から急に怯えて進まなくなる。病院に入った瞬間に『クゥ~ン』と情けない声を出して、抱えないと診察室に入れないので相当苦手だと思います」(女性・30代)

「病院に行きたくない!」と必死の抵抗は、飼い主さんからすると困りもの。病院好きになってもらうには、病院に着いたらおやつを与えるなどの方法が有効と言われています。一方で、病院を「好きだと思う」(11.8%)と回答した飼い主さんにもその理由を聞いてみました。

【わんちゃんが動物病院を好きだと思う理由】
「優しく話しかけて撫でてくれる先生のことが大好きで、待合室でも先生の姿がチラッと見えると『先生! 撫でて! 撫でて!」とシッポを振ってアピールしていました」(女性・30代)
「病院に着くなりシッポを振って喜んで、お気に入りの看護師さんに飛び付いていくので」(女性・30代)

 なるほど、優しい先生やお気に入りの看護師さんといった“好きな人”がいるというパターンもあるのですね。わんちゃんが喜んで行ってくれるような病院と出会えることは、飼い主さんにとってもラッキーなことです。