動物・レジャー

雷の日も雪の日も一緒…17歳になっても足元から離れない老犬 感謝を描く漫画に9万人感涙

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

漫画のワンシーン【画像提供:ワンコ17歳(@wanco15sai)さん】
漫画のワンシーン【画像提供:ワンコ17歳(@wanco15sai)さん】

 犬も人間と同じく、高齢になると若い時のように活発ではなくなります。ただ、ひたむきに生きる姿は愛おしいもの。長い時間をともにしていることもあって、歳を重ねた愛犬への情がさらに深くなったという飼い主さんも多いのではないでしょうか。17歳になった老犬への感謝の気持ちを描いた感動的な漫画が、ツイッターで話題になっています。作者のワンコ17歳(@wanco15sai)さんに話を伺いました。

 ◇ ◇ ◇

「臆病で恥ずかしがり屋」のワンコ 17歳になっても定位置は変わらず

 作者さんのおうちにいるのは、「柴犬っぽい雑種」の女の子です。本名はヒミツですが、ツイッター上では「ワンコ」と呼ばれています。ワンコちゃんはわがままでツンデレ、家族想い。子犬の頃から臆病で、お迎えされる前は母犬の前足の間から離れなかったのだとか。

 お迎えされてからは、作者さんの足元が定位置になりました。夏は雷の音、冬は屋根から落ちる雪の音に怯え、ずっと足にくっついていたそうです。そうして、ずっと寄り添って生きてきました。

 大切に育てられたワンコちゃんは今、17歳に。犬としてはかなりの高齢で、耳はほぼ聞こえなくなったといいます。雷も落雪の音も分からなくなりましたが、定位置は今も変わらず。作者さんに寄り添って、幸せな日々を過ごしています。

 一方で作者さんにとっても、ワンコちゃんはかけがえのない存在。今もよく愚痴を聞いてもらうのだとか。「たぶん聞こえてはいません」と笑いますが、耳を傾けてくれるだけで、飼い主は癒やされるものです。

 これまでもワンコちゃんとの暮らしを漫画や写真で投稿していた作者さん。今回は「臆病で恥ずかしがり屋のうちのワンコは、17歳になりました。17年一緒にいます。17年間、足元にいます」と説明を添え、老犬になった今も寄り添ってくれている愛犬についての漫画を投稿しました。「もう何も聞こえなくなったけど、今も私の足元にいます」と綴られた部分では、思わずまぶたが熱くなります。

 漫画を読んだ他の人たちも同じような気持ちになったのでしょう。今回の投稿は9.5万件の“いいね”を集めるなど大きな話題になり、「何か最後、泣きました」「いろいろ重なって泣けました」「たくさんの思い出と、飼い主さんとの絆に涙……」「ただただ愛しいに尽きる」といった感動の声が上がっています。