海外ニュース

メーガン妃は「何にでも首を突っ込む」 新メッセージが“まるで国連の代表”と王室作家

著者:森 昌利

タグ: , ,

メーガン妃【写真:AP】
メーガン妃【写真:AP】

 ヘンリー王子とメーガン妃は現地時間17日、夫妻で創設した財団「アーチウェル」の公式ウェブサイトで「サセックス公爵と公爵夫人からのメッセージ」を公開。アフガニスタン情勢とハイチの大地震に言及し、現地コミュニティに対する「全面的なサポート」を呼びかけた。しかしこのメッセージに国連やG20(主要20か国)首脳会議での対話を求めた部分があったことで、王室作家が“待った”をかけている。

 ◇ ◇ ◇

「彼女はどうも自分が誰よりも素晴らしいと思っているようだ」

 財団「アーチウェル」に掲載された「サセックス公爵と公爵夫人からのメッセージ」は、反政府勢力タリバンが全権を掌握したアフガニスタンと大地震に見舞われたハイチを挙げて、関連する慈善団体などへの協力を呼びかけるもの。具体的な団体も紹介されているが、メンタルヘルス関連は米国の団体しかリストに挙がっておらず、SNS上では不思議がる声が上がっているとの報道もあった。

 英大衆紙「デイリー・エクスプレス」が掲載した記事によると、2017年にヘンリー王子の公式伝記本を出版した王室作家アンジェラ・レヴィン氏もこのメッセージに不満を漏らしているようだ。英ニュース専門放送局「GBニュース」の番組に出演した同氏は「メーガン(妃)は何にでも首を突っ込む」と一喝した。

 かねてから妃を批判している同氏は「彼女(メーガン妃)はどうも自分が誰よりも素晴らしいと思っているようです。王室入りして2~3週間後には上級スタッフに“王室の近代化”について講釈し始めたことでもそれは明らかでしょう。残念ながらこの時のメーガンに耳を傾ける者はいませんでしたが」と皮肉たっぷりに語り始めた。

 そして「今回は『世界的な影響力を持つ立場の人々には、国連総会やG20首脳会議といった今秋開催予定の多国間会合での人道的対話を迅速に進めるよう求める』と主張しました。まるで自分が国連の代表のように。彼女は自分が世界的な影響力を持っていると思っています」と続け、王子夫妻のメッセージを揶揄した。

 確かに世界的大企業と大型契約を交わし、出版や講演会で利益を出す活動にシフトしたヘンリー王子とメーガン妃が、こうした国際ニュースや天災に関してメッセージを放つと、若干の違和感を覚える向きはあるだろう。また、アフガニスタン情勢に憂慮を示しているが、元ロイヤルならば政治問題に言及しないことが原則。今後も発言は続くのか気になるところだ。

(イギリス・森昌利/Masatoshi Mori)