暮らし

高岡早紀の“余裕”が光る『マスカレード・ナイト』 観客をかく乱させる存在感に注目

著者:関口 裕子

タグ:

(c)2021東野圭吾/集英社・映画「マスカレード・ナイト」製作委員会
(c)2021東野圭吾/集英社・映画「マスカレード・ナイト」製作委員会

 1972年、神奈川県藤沢市に生まれた高岡早紀さん。中学時代から少女誌のモデルを務め、靴メーカー主催のコンテストで優勝したことをきっかけに歌手デビューを果たしました。映画デビューは1989年の『cfガール』。1994年には深作欣二監督の『忠臣蔵外伝 四谷怪談』で国内の映画賞を総なめにし、以降も多数の話題作に出演しています。テレビや舞台を含めて、幅広い役柄を強い存在感で演じ続けている高岡さん。映画出演最新作の『マスカレード・ナイト』でも、その存在感で物語に深みを与えているようです。映画ジャーナリストの関口裕子さんに解説していただきました。

 ◇ ◇ ◇

『マスカレード・ナイト』の面白さは緻密なキャスティングにも

 どんなに大勢の中でも注目される人は注目される。そんな風に思うことがある。木村拓哉、長澤まさみ主演の『マスカレード・ナイト』は、500人が集まるホテルの年越しカウントダウン・パーティーが舞台のミステリーだ。

“マスカレード(仮面舞踏会)・ナイト”と呼ばれる仮面がドレスコードのパーティー。そこに殺人事件の犯人が現れるという密告を受けた警視庁捜査一課の刑事たちは、ホテルマンに扮して捜査に当たる。

 前作『マスカレード・ホテル』(2019)でコンビを組んだ生真面目なホテルコンシェルジュ・山岸尚美(長澤まさみ)と破天荒な刑事・新田浩介(木村拓哉)が再タッグを組み、捜査を進める中でそれぞれの人間性を理解し、親密になっていくところも見どころだ。

 舞台はパーティー以外にも多くの人が行き交うホテル。本筋に絡むことのない人も多数登場するミステリーにおいて、キャラクター説明に割ける時間は多くない。そうなると重要なのは、演じる俳優の個性。『マスカレード・ナイト』の面白さは、この緻密なキャスティングにもあるのだと思う。

理想の上司に純愛モンスター…高岡早紀が示す唯一無二の存在感

 特筆に値するのは、宿泊客を演じる女性陣の個性。田中みな実、木村佳乃、凰稀かなめ、麻生久美子、高岡早紀。誰もが事件のカギを握っており、裏の顔があってもおかしくない空気感を漂わせるのだ。

 特に面白かったのが、高岡早紀。現在出演中の連続テレビ小説「おかえりモネ」(2021・NHK)では、自分にも部下にも厳しいテレビ局の社会部気象班デスクで報道番組の責任者・高村沙都子を演じている。「正確な情報を厳選して慎重に伝える」ことをモットーとし、少し前の放送回では「自分を信じて勝負しなさい。あなたの闘う場所は私が死守するから」と部下を励ましたことで、“理想の上司”とネットをにぎわせた。

『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』2021年12月3日(金)DVD発売(c)2021映画『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』製作委員会
『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』2021年12月3日(金)DVD発売(c)2021映画『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』製作委員会

 だが、高岡が演じる役は、どちらかといえばアクの強い人物が多い。主演映画『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』(2021)で演じたのは、幼少から愛に恵まれず、少女のような憧れと純粋さを持ち、愛する人を手に入れるためなら手段を選ばない自称28歳の“純愛モンスター”雨宮リカ。人間とは思えない動きすら、さもありなんと納得させる高岡の存在感の幅が成立させた作品だ。

 高岡早紀は、1987年に14歳でマドラスの「第3回シンデレラ・コンテスト」で優勝し、芸能界入りした。コンテストの応募者は約4600人。まさしく“多く”の応募者の中から注目された人だ。当時は、芸能界入りするつもりも、女優になるつもりもなく、賞金を大好きなバレエの留学費用に充てようと受けたという。

 だが、高岡がコンテストを受け、行きがかり上とはいえ演じることを仕事としたおかげで私は、『バタアシ金魚』(1990)、『KYOKO』(1996)というかけがえのない作品に出合うことができた。高岡は女優に目覚める転機となった作品に深作欣二監督『忠臣蔵外伝 四谷怪談』(1994)を挙げるが、私にとってはこの2作だ。