インタビュー

30歳で始めたバレエに魅了され…大企業の会社員に起業を決意させた中高年女性の笑顔

著者:Hint-Pot編集部・佐藤 直子

タグ: ,

スタジオでレッスンを行う藤井治子さんは笑顔が絶えない【写真提供:藤井治子】
スタジオでレッスンを行う藤井治子さんは笑顔が絶えない【写真提供:藤井治子】

 さまざまな分野で活躍する女性たち……と聞くと、「自分とは異なる世界で生きている」「自分とは違う特別な人なのでは」と、まったく関係のない話だと感じてしまう方が多いかもしれません。とはいえ、「生きる」中で感じることや苦悩は、どのような立場でも存在しています。そんな彼女たちにスポットライトを当て、それぞれの人生を紐解く連載が「私のビハインドストーリー」。第5回(前編)は、中高年世代の健康作りにバレエを活用した運動プログラムを提供する大阪・淀屋橋「ハピバス(Happy Ballet Stretch)」の代表・藤井治子さんです。

 ◇ ◇ ◇

30歳から始めたバレエで体質改善「バレエで心身の調子が整うかも」

 クラシック音楽に合わせて可憐な衣装でしなやかに舞う。そんなバレエに憧れのような思いを抱く女性は多いのでは? しかし、大人が一から始めるにはハードルが高いという印象も強いでしょう。「バレエを通じた中高年世代の健康づくり」を提案する「ハピバス」代表の藤井治子さんも、そんな1人でした。

 大阪の一部上場企業で事務職としてデスクワーク続きだった30歳の頃、「何か運動をしよう」と飛び込んだ文化教室の大人向けバレエ講座。「バレエ教室の大人クラスはやっぱり初心者には敷居が高くて。文化教室の新規講座だったら入りやすいかなと申し込んだら、生徒は2人だけでした(笑)」。丁寧な指導もあり、初心者でもバレエの魅力にどんどん引き込まれたといいます。

 1年が過ぎた頃、藤井さんは自分の体に現れた変化に驚きました。「冷え症が改善されていたんです。長年、冬は寒くて寝られないので靴下を履いていたのに、気が付いたら履かなくなっていました」。生活の変化といえば、バレエを始めたことくらい。

「ストレッチ要素もあるので、体の内側に質のいい筋肉が増えたので、血流が良くなってポカポカしたんでしょうね。偏頭痛の頻度も減って、肩こりや腰痛も軽くなりました」

 徐々に増えた同年代のバレエ仲間たちも「体が温まった」「動きやすくなった」「引き締まった」とプラスの効果を実感。一方で、当時50代半ばだった母が更年期障害に悩む姿を見て「バレエで心身の調子が整うかも。中高年でも楽しめる環境があればいいのに」と感じていたそうです。