動物・レジャー

元保護ねこ姉弟 猫風邪と結膜炎から献身的ケアで美しく変身 「2倍幸せな気持ちに」

著者:猫ねこ部

タグ: , , ,

向かって左が姉のマヨちゃん、右が弟のツナくん【写真提供:猫のツナとマヨ TunaMayo Cats(@tunamayo_cats)さん】
向かって左が姉のマヨちゃん、右が弟のツナくん【写真提供:猫のツナとマヨ TunaMayo Cats(@tunamayo_cats)さん】

 日本のソウルフードであるおにぎり。そして定番の具といえばツナマヨを挙げる人も多いですよね。今回の猫ねこ部は、そんなおいしそうなお名前を持った姉弟ねこさんをご紹介します。元保護ねこの「ツナ」くんと「マヨ」ちゃんです。飼い主さんに話を伺いました。

 ◇ ◇ ◇

甘えん坊な弟ツナくん しっかり者の姉マヨちゃん

 2020年9月に野良ねことして生まれ、現在は家ねことして暮らす1歳のマヨちゃんとツナくんコンビ。

 まずは愛らしい茶白柄の弟ねこ・ツナくん。末っ子らしく甘えん坊で、“おっぱいチュパチュパ”が大好き。食べることに命をかけているタイプで、ごはんの時だけは我先にと走ってくるのだとか。

 続いてはそんな弟を見守るお姉ちゃんのマヨちゃん。美しい三毛キジ柄の女の子です。大人びた性格で、とても賢いそう。でも、ツナくんが近くにいないと好奇心旺盛になり、飼い主さんに対して「遊んでニャ~」といっぱい甘えてきます。ねこじゃらしを追いかける遊びに目がありません。

おはながそっくり! 姉弟ねこの“ツナマヨちゃん”コンビ【写真提供:猫のツナとマヨ TunaMayo Cats(@tunamayo_cats)さん】
おはながそっくり! 姉弟ねこの“ツナマヨちゃん”コンビ【写真提供:猫のツナとマヨ TunaMayo Cats(@tunamayo_cats)さん】

夫婦で出した答えは「保護ねこを」

 元保護ねこだという2匹。飼い主さんに出会いをお聞きしました。

「夫が子どもの頃から動物のいる家庭で育ち、いつかねこを飼いたいと思っていました。結婚を機に西東京市に住み始めましたが、すぐにコロナ禍となり、ステイホームで知り合いにも会えない日々に。しばらくして夫と『ねこを迎えるのはどう?』という話になりました」

 そして、ご夫婦で話し合った結果「ねこを迎えるのであれば保護ねこを」という答えが出ました。そこで、西東京市で地域ねこ活動をしている「西東京市 地域猫の会」さんの譲渡会へ。そこで出会ったのが“ツナマヨちゃん”姉弟です。

 2匹は元々、衛生的に良いとはいえない環境から保護されたという話です。猫風邪や結膜炎を患っていましたが、保護した預かりボランティアさんの献身的な看病によって、少しずつ元気を取り戻していったのだとか。

 そんな2匹を前に「私たちがマヨとツナにとって“ずっとのおうち”になって、幸せに暮らしてくれたらいいな」と夫婦で決心したといいます。

 現在もまだ病気が完治していないのか、ごはんやトイレが上手にできない時もあるそう。しかし、家族みんなでアイデアを出したり、フォローし合ったりして幸せに暮らしています。こうして今では、姉弟が家庭の中心となりました。

「いっぱい食べて寝て遊んでくれる2匹の姿を見て、幸せな気持ちをいっぱいもらっているのは私たちの方です(笑)」