料理・グルメ

アジフライを上手に揚げるポイントとは フレンチ風サラダアレンジで豪華な一品に

著者:神山 克也

タグ: , ,

アジのフライがこんなにゴージャスな一品に【写真:神山克也】
アジのフライがこんなにゴージャスな一品に【写真:神山克也】

 一人暮らしや料理初心者にはなかなか手が出しづらい魚料理ですが、ほぼ一年中スーパーに並ぶなじみ深い「アジ」を使えば絶品料理もお手軽に。この連載では、東京屈指の絶品アジフライが人気の「釣りあじ食堂」(新宿区大久保駅南口徒歩1分)で店主を務める神山克也さんがとっておきのアジレシピを伝授します。今回はアジフライをサラダに仕立てた、栄養バランスも◎の一品です。

 ◇ ◇ ◇

フライを香味豊かなドレッシングでさわやかに味わう

 私の店の看板料理はアジフライ。背開きにしたアジをフライにして、ソースやタルタルで味わいます。食べ方が一辺倒になりがちなアジフライですが、生野菜とともにさっぱり味のフレンチドレッシングをかけるだけで、見た目も華やかに。栄養的にもバランスが良く、サラダといえども食べ応えのあるメインディッシュとして喜ばれます。

 フレンチドレッシングは自分で作ってもいいのですが、味が決まらないなど意外に手間取るもの。それなら割り切って市販品を使う方が手軽ですよ。フレンチドレッシングには、サラダ油(オリーブオイル)と酢(レモン汁)でできた透明なもの、そこにマヨネーズが混ざった白色のもの、ケチャップが入った赤色のものの3種類あります。今回は透明なものを選んでください。この透明なフレンチドレッシングにいろいろな調味具材を加えて手作り感を演出します。

 この調味具材の中にケッパー(ケイパーともいう)を使っていますが、これは地中海沿岸などに自生するフウチョウボクという花のつぼみの酢漬けです。酸味があり、イタリアンやフレンチでは刻んだりして魚料理のアクセントとしてよく使います。スーパーマーケットなどでも瓶詰めが売られており、手軽に手に入れられますよ。

 アジフライはもちろん手作りした揚げたてが一番おいしいですが、お惣菜や冷凍食品で代用してもOK。オーブントースターや魚焼きグリルを使って、衣の水分を飛ばしてから使用するとおいしく仕上がります。

○アジフライのサラダ~フレンチ仕立て~

市販のフレンチドレッシングに混ぜる調味具材。前列左からトマト、ケッパー、玉ネギ、後列パセリ、茹で卵【写真:神山克也】
市販のフレンチドレッシングに混ぜる調味具材。前列左からトマト、ケッパー、玉ネギ、後列パセリ、茹で卵【写真:神山克也】

◎アジのフライ
マアジ  2尾
小麦粉  適量
溶き卵  1個分
パン粉  適量
揚げ油  適量

◎フレンチドレッシングの材料
市販のフレンチドレッシング(透明) 適量
玉ネギ   滴量
ケッパー  適量
トマト   適量
パセリ   適量
茹で卵   1/2個

◎その他
ベビーリーフ  適量
サニーレタス  適量
チャービル   適量

【作り方】
1. 【ドレッシング】玉ネギ、ケッパー、トマト、パセリをみじん切りにする。茹で卵は小さめのサイコロ状に切り、ボウルに入れる
2. 1に市販のフレンチドレッシングを加えて混ぜ合わせておく
3. 【アジフライ】マアジはウロコとゼイゴ(体表にあるギザギザ)を取って頭を落とし、3枚に下ろす
4. 皮付きの片身にそれぞれ小麦粉をまぶし、溶き卵にくぐらせ、パン粉をまぶして油で揚げる
5. キツネ色にこんがり揚がったら油をよく切り、食べやすいように包丁で半分に切り分ける
6. 【盛り付け】器にサラダ用ホウレン草とサニーレタスを盛るように敷き、その上に5のアジのフライを盛り付ける
7. 2のドレッシングを回しかけて出来上がり