Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

ライフスタイル

事故で四肢障害も「生きていて良かった」 美馬アンナさんも驚く東京パラ銅メダリストの思考

著者:Hint-Pot編集部・佐藤 直子

車いすラグビー日本代表の倉橋香衣選手と対談した美馬アンナさん【写真:荒川祐史】
車いすラグビー日本代表の倉橋香衣選手と対談した美馬アンナさん【写真:荒川祐史】

対談シリーズ第7回 車いすラグビー日本代表・倉橋香衣選手

 俳優・タレントの美馬アンナさんは、先天性上肢形成不全のため右手首から先がなく生まれた2歳の男の子「ミニっち」の母。息子が持つ可能性の大きさに、日々驚かされっぱなしだそうです。「あれもできない、これもできない」と将来を悲観していた出産直後の自分に、「大丈夫。何とかなるよ」と声をかけてあげたいほどだとか。

 現在はSNSやメディアを通じて、プロ野球の千葉ロッテマリーンズで活躍する夫の美馬学投手とともに過ごす、笑顔あり失敗ありの育児奮闘記を発信。そうすることで、誰かの勇気や希望になることを願っています。同時に、健常者と障害者が互いに理解を深めるきっかけ作りのために、さまざまなジャンルの方と対談して学びを深める日々です。

 今回の対談相手は、車いすラグビー日本代表として東京パラリンピック(以下東京パラ)で銅メダルを獲得した倉橋香衣選手(AXE所属)。代表チーム唯一の女性でもある倉橋選手は、大学時代のトランポリン事故が原因で車いす生活がスタートしました。男子選手に負けない激しいプレースタイルが強みの倉橋選手に、中編では競技の魅力や事故直後に得た支えについてお伺いします。

 ◇ ◇ ◇

車いすラグビーの魅力は「ぶつかり合ってもみんな笑っている」

美馬アンナさん(以下アンナ):倉橋さんが感じる車いすラグビーの魅力を教えてください。

倉橋香衣選手(以下倉橋):最初は「車いすでぶつかっても怒られないのでいいな」と(笑)。タックルでぶつかり合ってもみんな笑っている。そこがすごく魅力的だと思いました。

アンナ:本当にすごい音ですよね!

倉橋:人の試合を見ていたり、ふと気を抜いた瞬間だったりした時に「ガシャン!」というタックル音を聞くと、未だにビクッとします。自分がプレーしている時は何も思わないんですけど(笑)。

アンナ:以前、車いすラグビーを紹介する番組を見た時、競技用車いすがボコボコに変形しているのを見て、こんなに衝撃があるのかと驚きました。

倉橋:タックルに来るのが分かっていれば、よいしょとうまく受けられるんですよ。「今日はめっちゃ飛んだな。揺れたな」なんて思いながら。

アンナ:冷静すぎる!(笑)

ライフスタイルのランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly