Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

どうぶつ

緊張からとろける笑顔に 動物病院嫌いの柴犬 表情の変化が話題に「ゴッドハンドだ」

著者:Hint-Pot編集部

柴犬オルカちゃん。(左から)「気軽なドライブだと思ってたのにまた動物病院に連れてこられたと察知したいぬ」と「動物病院の看護師さんに手籠めにされるいぬ」【写真提供:カオル(@benibaraxxx)さん】
柴犬オルカちゃん。(左から)「気軽なドライブだと思ってたのにまた動物病院に連れてこられたと察知したいぬ」と「動物病院の看護師さんに手籠めにされるいぬ」【写真提供:カオル(@benibaraxxx)さん】

 動物病院が苦手なわんちゃん&ねこちゃんは多いもの。それを熟知している病院側も、リラックスしてもらうために“おやつ作戦”などさまざまな手段を使います。今回はそうしたグッズが用意されていないにもかかわらず、見事にとろけてしまった柴犬をご紹介します。うっとりとした理由は「さすがプロ!」な看護師さんの技術。飼い主のカオル(@benibaraxxx)さんにお話を伺いました。

 ◇ ◇ ◇

病院が大の苦手 移動の車中からソワソワモードに

 柴犬の「オルカ」ちゃんは1歳の女の子。お名前は、飼い主さんが出会ったその場の直感で決めました。子いぬ時代に多めだった黒い被毛と、飼い主さんがシャチ好きだったという理由があるそうです。

お迎え当初のオルカちゃん。黒い被毛が多かった時代【写真提供:カオル(@benibaraxxx)さん】
お迎え当初のオルカちゃん。黒い被毛が多かった時代【写真提供:カオル(@benibaraxxx)さん】

 オルカちゃんの性格は「わんちゃんにも人間にも愛想が良く、とてもフレンドリー」ですが、「気は強いくせにビビり。あざとい面が多々見られます」とのこと。そのビビりな性格は、ちょっぴり困り顔に見える普段の表情からうかがえるかもしれません。

 飼い主さんによると、怖がりの性格に加えて「子いぬ期に反抗しても初めて勝てなかった相手が獣医さんだったので、白衣の人を見ると震え上がるようになりました」と切ないエピソードもあるそう。また、最近受けた避妊手術も病院嫌いに影響していると思われます。

「どうやら動物病院に向かうだいたいの経路を覚えているらしく、普段曲がらない道に入った時点で耳がピーンとなって落ち着かなくなります。病院付近では『キューンキューン』と鳴き始め、到着すると普段は抱っこが苦手なのに飼い主の腕から降りなくなるんです」

どうぶつのランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly